上司のおならは“セクハラ”? 56歳会社員が約1億3300万円の損害賠償請求して話題に

豪の男性が上司のおならで気分を害したとして訴え起こす 英や米でも"おならトラブル"

記事まとめ

  • オーストラリアの男性が、上司のおならで気分を害したとして訴えを起こしたと報道
  • 1日に5〜6回おならを向けられたといい、約1億3300万円の損害賠償を求めた
  • イギリスやアメリカでもおならに関する職場トラブルで訴えが起こされたことがある

上司のおならは“セクハラ”? 56歳会社員が約1億3300万円の損害賠償請求して話題に

上司のおならは“セクハラ”? 56歳会社員が約1億3300万円の損害賠償請求して話題に

画像はイメージです

 パワハラ、モラハラ、スメハラ…。ここ数年でさまざまな種類の“ハラスメント”が生まれているが、オーストラリアでは誰でもついしてしまう生理現象をハラスメントだとして、訴えを起こした人がいる。

 海外ニュースサイト『New York Daily』は3月27日、オーストラリア・メルボルンに住む56歳の男性が、上司におならをされたことで気分を害したとして、会社を相手に120万ドル(約1億3300万円)の損害賠償を求めて訴えを起こしたと報じている。

 同記事によると、男性は建築会社で技術者として働いていたが、上司が1日に5〜6回、男性に向かっておならをしていたと報じている。これについて男性は「上司は私に向けておならをしてきたんだ。しかも窓のない部屋で。まさに耐えがたい屈辱だったよ」と話しているそうだ。男性は昨年4月に一度訴訟を起こしているが、その時は訴えを退けられた。しかし男性は納得せず控訴することとなったのだ。男性は「これは間違いなくセクハラであり、いじめである」と主張しているが、上司は「記憶にない」と話しているという。会社は最初の訴えを起こす前に、態度が横暴であるとしてこの男性を解雇している。

 このニュースが世界中に拡散されると、ネット上では「おならをすることは人権なのに」「おならがセクハラになるとは…よっぽど臭かったんだな」「このニュースを見て笑いが止まらなかったけど、自分も気を付けなければ」といった声が挙がっていた。

 意外にも世界では、おならに関する職場のトラブルは他にもある。

 2018年10月には、イギリス・ソーントンヒースのスーパーマーケットに勤めていた当時42歳の男性が、同僚に目の前でおならをされ、そのことを上司に訴えたが何の対処もしなかったとして、会社と上司を相手取り2万ポンド(約290万円)の賠償を求めて訴えを起こした。男性はイスラム教徒で、おならをされたことは「ムスリムに対する嫌悪感の表れ」だと主張した。

 また2015年10月には、アメリカ・ニュージャージー州に住む男性が、「おならが臭い」という理由で解雇されたことに対し「不当」だとして訴えを起こした。この男性は食肉加工会社に勤めていたが、勤務中に頻繁におならをし、さらにそのおならが臭かったとして、会社から「食品を扱う現場では不衛生で迷惑だ」と非難され解雇された。男性は解雇前に肥満を解消すべく、胃のバイパス手術を受けている。これがおならの原因だとしており、解雇は一種の差別行為であると男性は主張したという。

 おならは我慢していても、ついつい出てしまうものだ。しかし、おならによるトラブルがここまで多いと「ついうっかり」がないよう、気を付ける必要があると言えそうだ。

関連記事(外部サイト)