「プライドの高い女」、実は落としやすい? 簡単なモテのテクニックと意外な本性

「プライドの高い女」、実は落としやすい? 簡単なモテのテクニックと意外な本性

画像はイメージです

“プライドの高い女”は、どこにでも1人、2人はいるもの。どこかツンツンしていて、近寄りがたく心を開かなさそう…そんなキャリアウーマンのような雰囲気の女は、男の目から見れば魅力的ではあるが「手が出しにくい」というのが本音の人も多いのではないだろうか。だが、実はこの手の女性は、恋愛に関して言えば印象と違うことが多い。

 “プライドの高い女”は自尊心が高く、職場でも恋愛でも相手に対し折れることを知らない。特徴としては、仕事の仲間や友人にアドバイスをもらう場面でも「でも…」と否定から入りがち。謝ることが苦手な傾向もある。注意をすると不機嫌になりやすく素直に謝ることも苦手なようだ。また、自尊心の高さゆえ、恋人や結婚相手に「私に釣り合う相手」を求めがちだ。

 男性からしてみると、こういうタイプには、なかなか手を出しにくい。「俺なんかが話しかけたところで、きっと軽くあしらわれるに違いない」と、無意識のうちに自分を卑下し、自尊心を傷つけられるのを恐れてしまうからだ。しかし、「相手にされるわけがない」と諦めているのは、他の男であっても同じであり、ライバルが少ないということ。キツそうに感じる性格も、話してみると印象が変わってくることもあるだろう。

 イメージと違い、“プライドの高い女”というのは、恋愛下手なことが多い。ハイスペックの男だけを恋愛対象にし、恋愛に対しても自分が主導権を持ちたいタイプだと思われがちだが、実は恋愛に関してはかなりのウブ。今まで付き合った彼氏の人数も、1人や2人だけ、ということも珍しくないという。

 恋愛下手ということもあり、決まった相手には「一途」でいてくれる魅力もある。そんな“プライドが高い女”を落とすには、まずは彼女の自尊心を満足させることが重要だ。まずは、「すごいね」「知らなかった」など、言葉や態度で彼女の自尊心を満足させよう。普通に世間話ができるような仲になったら、「彼氏はいるの?」「どんな男がタイプ?」など、遠回しに自分を売り込んでいこう。でも、告白するのはあなたの方から。プライドが高い女は、その自尊心の高さから自分からアプローチすることが苦手な傾向がある。最後の男の方から一押ししないと、踏み出すことができないタイプが多い。

 “プライドの高い女”は、好きにならせてしまえば超がつくほど一途。もし気になる彼女がいれば、テクニックを駆使してこちらを振り向かせるべく努力してみては。

関連記事(外部サイト)