「大切な話が…」 相談の直前に刺殺された16歳少女の謎【未解決事件ファイル】

「大切な話が…」 相談の直前に刺殺された16歳少女の謎【未解決事件ファイル】

画像はイメージです

 「とても大切な話がある」。事件の直前、友人に相談を持ち掛けていた少女が、地下道で刺殺された事件がある。

 2000年1月20日午前3時50分頃、広島県広島市中区西白鳥町にある地下道で当時16歳の少女Aさん(仮名)が血を流して倒れているのを通行人が発見。救急車で搬送されたが、約1時間後に出血多量のため死亡した。

 凶器は刃渡り10cmほどの刃物とみられているが、現在も見つかっていない。Aさんの着衣に乱れはなく、財布の中の現金も残されていた。当初は、通り魔か怨恨による犯行ではないかとみられていたが、目撃証言も物証となるような遺留品も現在まで発見されていない。

 Aさんは、前日の1月19日の夜から1月20日の午前3時頃までJR広島駅付近の繁華街で友人と遊んでいた。午前3時15分頃になると、1人でタクシーに乗り、自宅付近へと向かった。Aさんは自宅から50mほどの場所にある事件のあった地下道付近でタクシーから降車。地下道を通って、降車位置とは反対側にあるコンビニエンスストアに向かった。

 コンビニエンスストアの防犯カメラには午前3時半頃までAさんが滞在している姿が映っているのが確認されており、特に変わった様子はなかった。これがAさんが生存している姿を映した最後の映像になる。

 その後、コンビニエンスストアを出て再度地下道を通った時にAさんは襲われたものとみられている。犯人に襲われた直後、偶然にも友人がAさんに電話をかけており、Aさんは「痛い、血が止まらない」と口にした。しかし、友人が「どうしたの?」と聞いたとたんに電話は切られてしまい、Aさんの口から何が起きたのか語られることはなかった。

 Aさんは事件直前、友人に「とても大事なこと」の相談を持ち掛けていた。近いうちに話すからアドバイスしてほしいと友人に依頼していたのだが、相談の内容は明かされないまま被害に遭ってしまった。

 また、事件から2年後の2003年1月にAさんの養母が詐欺事件で逮捕されたと産経新聞が報じた。養母の夫が1999年3月に亡くなった時、養母とAさんは別居していたにもかかわらず、Aさんを養育していると民生委員をだまして遺族基礎年金を受け取っていたようだ。なお、養母がAさんの死亡に関係しているとの報道はなく、事件解明の糸口はつかめていない。

 Aさんは1999年3月時点で養母のもとを離れ、事件に遭った2000年1月20日まで広島県中区にある祖母宅で実の祖母と2人暮らしをしていた。学校には通わず、アルバイトとして働いていたという。

 複雑な家庭環境の中で、Aさんが抱えていた悩みは何だったのだろうか。また、Aさんはなぜ犯人に狙われたのか、2019年になっても事件解明には至っていない。

関連記事(外部サイト)