川崎殺傷事件、容疑者の部屋に「テレビやゲーム機」 強調する報道に批判殺到

川崎殺傷事件容疑者の部屋に「テレビやゲーム機あった」と強調する報道にネットで批判

記事まとめ

  • フジテレビや日本テレビが、川崎事件の容疑者の部屋にテレビとゲーム機があったと報道
  • テレビとゲーム機が犯罪の引き金になったかのような報道にネットユーザーの怒りが爆発
  • 容疑者については、部屋にパソコンや携帯電話がなかったことが報じられている

川崎殺傷事件、容疑者の部屋に「テレビやゲーム機」 強調する報道に批判殺到

川崎殺傷事件、容疑者の部屋に「テレビやゲーム機」 強調する報道に批判殺到

加藤綾子

 30日放送の『Live News it!』(フジテレビ系)や『news every.』(日本テレビ)が、川崎市で19人を死傷させた岩崎隆一容疑者(51)の部屋に「テレビとゲーム機があった」と強調して報道したことに批判が集まっている。

 フジテレビ夕方のニュース番組『Live News it!』では、速報として加藤綾子キャスターが岩崎容疑者の自宅に警察が家宅捜査に入っていたことを報じ、「男の部屋にはテレビやゲーム機などがあったことが新たにわかりました」と原稿を読み上げる。

 さらに、物々しい「部屋にテレビとゲーム機」というテロップに加え、加藤キャスターが「部屋は整然と整理されていて、テレビのほか、ポータブルのゲーム機やテレビにつないで遊ぶゲーム機などもあったことが新たにわかりました」と、あたかもテレビとゲーム機が犯罪の引き金になったかのような報道を行う。

 そして、同時間帯の日本テレビ「news every.」も、藤井貴彦アナウンサーが「男の自宅からテレビやゲーム機の他に、ノートなどが見つかっていたことがわかった」と読み上げ、テロップで「部屋からテレビやゲーム機」と表示。日本テレビも、テレビやゲーム機が悪いという印象を与えかねない報じ方をした。

 この報道姿勢に、ネットユーザーの怒りが爆発。「なぜテレビとゲーム機を強調するのか」「ゲームのせいということにしたいのか?」「テレビやゲーム機はどの世帯にもある。また漫画やゲームのせいにしたいのか?」と怒りが殺到する。

 さらには「テレビでフジテレビや日本テレビを見ている可能性もあった」「仮に部屋からフジテレビの番組や日本テレビの番組が録画されていたらそれを報じるのか?」という批判や、「そこまでしてゲームを弾圧したいのか」「ゲームをしていない人間のほうが珍しい」などの声も上がった。

 岩崎容疑者については、部屋にパソコンや携帯電話がなかったことが報じられている。今回なぜニュース番組が、「テレビやゲーム機」を強調したのかは不明だが、「ゲームとテレビ」に目をつけ、視聴者はそこを関連付けて「叩こう」としているのではないかと感じたようなコメントが散見された。

 被害者の顔写真やプライベートに踏み込み、ニュース番組出演者が度々「遺族の感情」を無視する行動をとるなど、メディアに厳しい目が向けられている。

関連記事(外部サイト)