「カッコいいところを…」59歳男、15歳高校生をハサミで「殺すぞ」と脅し逮捕 呆れた動機に怒りの声

59歳の男が15歳高校生を脅迫 動機は「かっこいいところを見せつけようと」

記事まとめ

  • 男子高校生にハサミを出しながら「殺したろか」などと脅迫したとして59歳の男を逮捕
  • 酒に酔っていたといい「ハサミを回転させてかっこいいところを見せつけようと」と供述
  • 50代が異常犯罪に走るケースが多発しており、「キレる50代」に恐怖の声が上がっている

「カッコいいところを…」59歳男、15歳高校生をハサミで「殺すぞ」と脅し逮捕 呆れた動機に怒りの声

「カッコいいところを…」59歳男、15歳高校生をハサミで「殺すぞ」と脅し逮捕 呆れた動機に怒りの声

画像はイメージです

 兵庫県姫路市のJR播但線車内で、市内に通う男子15歳高校生にハサミを出しながら「殺したろか」などと脅迫したとして、姫路市内の塗装工の59歳男が9日に現行犯逮捕されたことが判明。その呆れた行動と言い訳に怒りの声が噴出している。

 報道によると男は9日午後1時20分ごろ、JR播但線仁豊野駅付近を走行していた電車内で市内の男子高校生にハサミを突きつけ、「殺したろか」と脅迫した。その後駅員が110番通報し、駆けつけた姫路署の職員が身柄を取り押さえ、暴力行為等処罰法違反の容疑で現行犯逮捕された。もうすぐ還暦になろうという人間が、孫であってもおかしくない15歳の高校生を恐喝するとは、呆れるばかりだ。

 さらに呆れてしまうのが、男の供述。警察の取り調べに対し、容疑を否認した上で、行動について「銀色のハサミを回転させてかっこいいところを見せつけようと思った」と、供述している。なお男は事件当時、酒に酔っていたのだという。

 リアルライブでも過去に報じたように、昨今50代が異常犯罪に走るケースが多発している。今年4月14日には、山陽新幹線に乗っていた54歳の男が東京行きの切符を持っていたにもかかわらず博多行きの新幹線に乗車してしまい、非常用ドアの開閉装置を操作し飛び降り線路に降りるという信じがたい事件が発生、その幼稚な理由による異常行動に驚きが広がった。

 また、同13日には千葉県で人身事故の影響で踏切がなかなか開かないことに腹を立てた53歳の男が、ノコギリで遮断機を切るという事件も発生しており、「キレる50代」に恐怖の声が上がっている。事件に至らずとも、サービス業者への叱責やクレーム、そして公共交通機関での「マナーの悪さ」など、50代が引き起こすトラブルは多い。もちろん、大半の50代は、マナーを守っていると思われるのだが。

 今回逮捕された男も酒に酔った状態で高校生に絡んでおり、非常に情けない行動と言わざるを得ない。ましてや刃物を出し「殺すぞ」と迫るのは、当然ながら犯罪である。相応の罰が下されるべきだろう。

関連記事(外部サイト)