『全裸監督』が物議の村西とおる監督、女性弁護士に「男に縁がなさそう」 高須院長も賛同?

『全裸監督』が物議の村西とおる監督、女性弁護士に「男に縁がなさそう」 高須院長も賛同?

村西とおる公式ツイッターより https://twitter.com/Muranishi_Toru

 今月8日から、Netflixで配信されているドラマ『全裸監督』が、物議を醸している。

 『全裸監督』は、“AVの帝王”と呼ばれた村西とおるの自著を原作としたドラマ。主演は山田孝之で、脇を豪華俳優陣が固めていることでも話題になっているが、問題となっているのは、物語のキーパーソンとなっている“伝説のAV女優”といわれた黒木香の存在。黒木は村西の代表作に出演していた元AV女優で、引退後は出演作の再販を巡り、プライバシーおよび肖像権の侵害に当たるとして民事訴訟を起こし、勝訴するなどしていたが、一部報道によると、『全裸監督』の内容について、黒木本人に許可は取っていないという。

 無許可であるにも関わらず、黒木について大きく扱った本作について、ネットからは、「無許可なのに名前そのまま出すってひどすぎる」「もはや黒木香のこと知らない人いっぱいいるのにそういう人たちにも名前広めちゃったね」「忘れたい過去を無許可でドラマにされるの、自分だったら耐えられない」という声が殺到。評価の声が多々出ている一方で、批判の声が次第に大きくなっている。

 「また、この炎上に拍車をかけているのが、村西の6月3日のツイートです。村西は『AV強要問題でフェミニズム運動の先陣をきっている女性弁護士のどちらさまも、男性には縁のなさそうな人たちに見える』とフェミニズム問題を取り上げる女性を侮蔑。『男性側からすれば「冗談言うな、お前さんなんかに触れるわけないだろう」のタイプ。男が悪い、に美人がいないのが悩ましい』とつづり、ネットからは『最低』『価値観が時代遅れ』などの批判が寄せられました」(芸能ライター)

 このツイートで、村西監督のツイッターが炎上している一方、高須クリニック院長の高須克弥氏も反応し、物議を醸している。

 「高須氏は、村西監督のツイートに今月22日になって反応。自身のツイッターで引用しつつ、小学校の時に女性教師から平手打ちされ、『なぜ先生がかつやくんを叩くのかわかるか?』と質問されたことを明かしました。これに高須氏は『わかる。ブスだから嫁に行けないヒステリーのオールドミスだからだ』と“正直に”回答したといい、『拳で殴られ足蹴にされました』とつづっていましたが、面白がる声が集まる一方、『そういう考えが院長の根本にあるってこと?』『美容整形の第一人者が人にブスって言うのどうなの?』といったドン引きの声が殺到。炎上に火を注ぐ形となっています」(同)

 さまざまな方向へ向かっている『全裸監督』騒動。果たして決着はつくのだろうか――。

記事内の引用について
村西とおる公式ツイッターより
https://twitter.com/Muranishi_Toru
高須克弥公式ツイッターより
https://twitter.com/katsuyatakasu?ref_src=twsrc%5Egoogle%7Ctwcamp%5Eserp%7Ctwgr%5Eauthor

関連記事(外部サイト)