若き自衛官の不審死、不可解な自殺判定 噂される地元暴走族との関連とは【未解決事件ファイル】

若き自衛官の不審死、不可解な自殺判定 噂される地元暴走族との関連とは【未解決事件ファイル】

画像はイメージです

 1999年12月27日、徳島県阿南市郊外にある河川敷で当時33歳の自衛官Aさん(男性)の遺体が発見された。警察は早々に自殺であると断定し捜査を打ち切るも、遺族は独自に調査を続行。結果、自殺とするにはあまりにも不自然な証拠の数々が発見されていく。

 Aさんの姿が最後に確認されたのは12月25日の夜。当時付き合っていた彼女とのクリスマスデートの帰り道、彼女を家に送り届けたのを最後に行方が分からなくなっていた。

 Aさんの家族はすぐに地元警察へ捜索願を提出。警察が捜索を開始したところ、Aさんの車が路上に放置されているのが発見された。しかし、Aさんの姿は見つからず、警察は事件性なしと判断してAさんの家族に連絡するだけに終わってしまう。この時、現場の捜索は行われなかったそうだ。

 それから2日後。警察が車の発見現場近くにある河川敷を捜索したところ、Aさんの遺体が発見された。警察は現場検証、遺体の司法解剖結果から、Aさんの自殺であると断定。捜査は早々に打ち切られることになった。

 警察発表によると、Aさんの自殺原因は「事故を起こし、車が壊れた腹立たしさ」だったという。Aさんは遺体発見現場にたどり着く前に交通事故を起こし、橋まで車で移動して飛び降りたというのだ。死因は胸部大動脈の損傷。飛び降りる前、交通事故を起こした際に作動したエアバッグが原因と見られた。

 しかし、遺族は警察の発表に納得せず。独自に調査を続行し、Aさんの本当の死因に迫った。

 まず、遺族が注目したのはAさんの遺体が発見された現場状況。警察はAさんが橋から飛び降りたと説明したが、なんと橋の欄干からAさんの指紋は検出されなかったという。欄干は85㎝の高さがあり、一般男性がジャンプで飛び越えるのは現実的ではない。

 さらに、遺体発見現場は橋から4.2mの距離が離れていた。普通にジャンプしただけでは届かない距離である。本当にAさんは自ら橋を飛び降りたのだろうか?

 Aさんが車で事故を起こしたという話にも不可解な点が残されていた。警察が発表した事故現場は橋から8km離れた位置にあるのだが、エアバッグが作動するほどの事故を起こした車で移動するのは考えられにくい。また、エアバッグの作動だけで胸部大動脈の損傷を負うのかは、多数の医師や車メーカーが疑問視したそうだ。

 さらに、警察は司法解剖の結果が判明する前に、Aさんが所属していた自衛隊に死因は自殺であると連絡していたことも判明。

 事件への疑念から、遺族は地元警察や県警に再三の捜査申し入れを行った。警察も二度の再捜査を実施したが、最終的には事件性なしと判断。2004年10月8日には、遺族が徳島検察審査会に審査を申し立てするも、翌2005年4月20日に不起訴相当と議決した。

 最初から自殺であると決めつけていたかのような警察の捜査に遺族は納得できず、その後も調査を続けているそうだ。

 実際、遺族のもとにはAさんの死に関与している犯人の情報が複数送られた。Aさんの車か定かではないが、暴走族風の改造バイクに追いかけられる乗用車、車を取り囲む男女5人の姿が事件当日確認されたそうだ。

 ネット上では、Aさんの殺害に関与した暴走族が県の有力者の息子であるという書き込みもあった。実際に名前を上げられた有力者は書き込みに対し、告訴を検討したという報道がなされたが、結局裁判になったのかどうかは確認されていない。警察のずさんとも言える対応には、何か裏が隠されていたのだろうか。

関連記事(外部サイト)