ハムスターを青色に染めて大炎上、虐待を続けたチャンネルの現在は【ユーチューバー炎上事件簿】

ハムスターを青色に染めて大炎上、虐待を続けたチャンネルの現在は【ユーチューバー炎上事件簿】

画像はイメージです

 YouTubeの人気コンテンツと言えば、動物の動画だ。人気の高い猫や犬などを飼育し、成長する様子を動画に収め配信する人は、一般的に「動物系ユーチューバー」と呼ばれる。

 そんな動物系ユーチューバーは、ほとんどの人間が飼育しているペットに愛を送っているが、中には収益のみを考え動物にストレスを与えるような動画を公開し、「虐待ではないか」と炎上することがある。

 中でも人々を最も怒らせたのが、「ハムハムTV」というYouTubeチャンネル。ハムスターを飼育する様子をまとめたチャンネルなのだが、物議を醸すような内容の動画を投稿し続けたのだ。

 特に視聴者を呆れさせたのが、ハムスターを青く染めてしまうという動画。「白いハムちゃんを色付けしちゃいましょう。カラーはマリンブルーです」などとテロップを出した後、ハムスターを洗面台に入れ、ブラシで青色の塗料を塗りたくる。ハムスターは水に弱いと言われるが、シャワーで水を当て続ける。

 配信者は嫌がるハムスターを手に取ると直接水を当て、青くなったハムスターについて「これはこれで可愛い」などと、テロップを出した。青いハムスターが可愛いわけがなく、この動画が公開されると、視聴者から批判が相次ぎ、炎上。しかし、当の配信者は批判に対し挑発的なコメントをYouTube概要に乗せる。

 カラーハムスター動画は批判が多かったものの、視聴回数は伸びたため、別のハムスターも青く染めてしまう。さらに、ハムスターの首根っこ掴んだうえ口を強引に開け、柿ピーナツを食べさせて苦しむ様子を収めた動画や、ハムスターを瓶詰めして楽しむなど、虐待動画を次々と投稿した。

 批判の輪が高まっても、反省するどころか挑発的な態度を取り続けていた配信者だが、動画を視聴した人々からYouTube側に通報が多数寄せられ、ついにチャンネルが強制閉鎖される。その後、別アカウントで再開を試みたが、すぐに強制削除となった。

 このチャンネルの動画は、そのほとんどがハムスターの虐待をしているものであり、多くの人々を不愉快にさせた。虐待で収益を得るような事態は許されないものであり、削除は当然だという声が大勢を占めている。

 ネットでは、ハムハムTVの配信者について特定する動きも出たが、顔出ししていないこともありできていない様子。動画は動物愛護法違反の疑いが極めて強いが、警察が動いているのかどうかはわかっていない。

 ハムハムTVは誰が見ても明らかに虐待だったが、YouTube上には視聴者から虐待が疑われているチャンネルが存在する。内容をしっかりと吟味する必要はあるが、虐待で収益を上げているとすれば、とんでもない話。適切な監視と措置を望みたい。

関連記事(外部サイト)