39歳女性の卑猥な動画をアップし続けた犯人は、支えてくれた恋人! 異常すぎる動機に戦慄走る

39歳女性の卑猥な動画をアップし続けた犯人は、支えてくれた恋人! 異常すぎる動機に戦慄走る

画像はイメージです

 好きな人に愛されるために、思わぬ行動に出てしまうことはあるだろう。海外では、恋人に愛されようとして卑劣な行動に出た人間がいる。

 イギリス・ウェストミッドランズ州に住む39歳の女性が、49歳の恋人の男によって、卑猥な画像や動画をインターネットにアップされたと海外ニュースサイト『BBC』が11月18日に報じた。同記事によると、女性は2017年、友人から女性の卑猥な動画がいくつかのアダルトサイトにアップされていると告げられたそうだ。女性の卑猥な画像や動画とともに女性の住所まで公開されていたため、2017年の夏の4カ月間に35人もの男が女性宅に訪れたという。中には「お前が俺を家に呼んだ」と言い、家の中に入ろうとした男もいた。

 女性は警察に通報したが、犯人はすぐに捕まらず、動画や画像はインターネットにアップされ続けた。その間、恋人がそばにいて女性を支えたそうだ。しかしその2年後の2019年10月、画像や動画が恋人の家からアップロードされていることが分かり、警察は恋人を逮捕した。恋人は動機について、「苦しんでいる彼女を支えることで、彼女のヒーローになりたかった」と明かしている。恋人には懲役1年、執行猶予2年の刑が言い渡された。同記事によると、女性は恋人が犯人だったと知りショックを受け「判決が甘すぎる」と話しているという。

 このニュースが世界に広がると、ネット上では「支えてくれた恋人が犯人だと知って女性はさらにショックを受けたはず」「女性の気を引くために画像や動画をアップしようと思うなんて狂っている。男は他にも犯罪を犯していそう」「卑猥な画像や動画がネット上に広がったら、全てを削除するのは難しい。女性は今後も苦しむかも」「懲役1年、執行猶予2年は軽すぎる。恋人はさらに罪を犯しそう」などの声が挙がっていた。

 海外には、恋人への異常な愛情から予想外の行動に出た人間が他にもいる。

 ロシア・ノヴォシビルスク州でドラマの影響を受けた当時22歳の女が恋人の男を襲ったが、女が精神鑑定を受けた結果、異常は見られなかったと海外ニュースサイト『METRO』が2018年11月に報じた。同記事によると、女は、海外ドラマ『ヴァンパイア・ダイアリーズ』にハマっていたという。同ドラマは、吸血鬼となった主人公の女性が、吸血鬼である自分に苦しみながら恋愛をするというストーリーだ。

 女は初めて恋人の家で一夜を過ごした。翌朝、女は突然、恋人に向かって、「自分は吸血鬼だから、狼男であるあなたを殺さなければならない」と言ったそうだ。恋人は女に家に帰るように言い、シャワーを浴びた。恋人がシャワーを終え浴室から出た瞬間、女はキッチンから持ち出したナイフで、恋人を刺したという。

 恋人は近所の人に助けを求め、近所の人が救急車と警察を呼んだ。恋人は全治2カ月の怪我を負ったが命に別状はなかった。女には3900ポンド(約54万7000円)の支払いが命じられた。

 多くの人が恋人に愛されたいと思うだろう。しかしその手段として相手を傷つけることはあってはならない。

記事内の引用について
Birmingham revenge porn victim had strangers arrive at home(BBC)より
https://www.bbc.com/news/uk-england-birmingham-50420677

Woman who identified as a vampire stabbed boyfriend ‘because he was a werewolf’(METRO)より
https://metro.co.uk/2018/11/16/woman-who-identified-as-a-vampire-stabbed-boyfriend-because-he-was-a-werewolf-8148519/

関連記事(外部サイト)