57歳校長、女性教諭を“勉強会”で呼び出しセクハラ「好意を持っていると…」 処分の甘さにも怒りの声

57歳校長、女性教諭を“勉強会”で呼び出しセクハラ「好意を持っていると…」 処分の甘さにも怒りの声

画像はイメージです

 23日、横浜市立新吉田小学校の57歳の校長が、別の学校に勤務する女性教諭にセクハラ行為をしたとして停職処分を受け、依願退職したことが判明。その呆れた性欲に怒りの声が挙がっている。

 横浜市教育委員会が発表したところによると、この校長は今年10月、勉強会と称して女性教諭を喫茶店に呼び出し、店を出ると人気のない場所に行き、キスをしたうえ胸を触るなどした。女性教諭が同23日に被害を報告。12月23日に停職12か月の処分を下し、校長は依願退職した。

 校長は横浜市教育委員会の調査に対し、「自分に好意を持っていると思い込んだ」と話しているという。小学校のトップであり、教諭や児童の模範となるべき校長が、30代の女性に熱を入れ、わいせつを行うとは言語道断である。なお、一部報道によると、この校長は図工に力を入れ、学校を美術館にするなどしており、尊敬される存在だったそうだ。

 この信じがたいニュースに、ネットユーザーからは「相当な問題。既婚者だったら不倫。教師として不適格」「酒も飲まずにわいせつ。己の立場を利用していて卑劣」「好意を持ったって…。60前のおじいさんに30代が惚れるわけない」「校長になれば女性はみんな気を使う。それを逆手に取ったハラスメント」と怒りの声が相次ぐ。

 また、横浜市教育委員会の対応についても、「少しのセクハラとしか思っていない。なぜ懲戒免職処分にしないのか」「校長が立場を利用してセクハラしているのに、退職金を出すの? セクハラに寛容すぎるのでは?」「横浜市教育委員会もことの重大さがわかっていない」と批判の声が相次ぐことになった。

 校長という立場で他の学校の女性教諭と会い、人気のない場所でキスをする、胸を触るなどの行為は明らかに異常である。女性教諭が校長であるがゆえ、断りきれなかった可能性も否定できない。

 立場を利用した卑劣なセクハラを小学校の校長がしていた事実は、非常に由々しき事態だ。

文 櫻井哲夫

関連記事(外部サイト)