百田尚樹氏、自殺の三宅雪子議員エピソードを投稿し物議「死体蹴り…」と批判集まるも反論

百田尚樹氏、自殺の三宅雪子議員エピソードを投稿し物議「死体蹴り…」と批判集まるも反論

百田尚樹氏

 作家の百田尚樹氏が、6日に死亡報道のあった三宅雪子元民主党衆議院議員について言及し、物議を醸している。

 政治問題についてたびたび言及し、賛否を集めている百田氏。そんな百田氏だが、6日にツイッターを更新し、三宅元議員の訃報を取り上げ、「三宅雪子って、国会で誰にも押されてないのに、派手にダイビングして、翌日から車椅子に乗って当院した人やね(原文ママ)」とツイート。三宅元議員は2010年5月12日に衆議院内閣委員会で採決が行われた際、もみ合いに巻き込まれ、転倒。翌日に車いすで登院したことで当時賛否を呼んでいた。

 しかし、このツイートに対し百田氏のツイッターには、「死体蹴り…」「亡くなられた方にかける言葉でしょうか?」といった疑問の声が集まると、百田氏は同日にツイッターを更新し、「私のツィートに対して、死者に鞭打つな、というリプライが多数来ているが、鞭打つほどのツィートかね」と反論。「別に非難も中傷もしていない。ただ事実を書いただけ」「私は国会議員に対しては厳しいよ。国会内で行なったくだらないパフォーマンスは忘れない」とつづった。

 「百田氏と言えば、昨年6月に『書きたいものはあらかた書いた。悔いはない』と“作家引退宣言”をしてしましたが、12月30日には改めてツイッターで『クレームで除夜の鐘中止というニュースを聞いて、ふと思いついたが…「百田尚樹、もう一度、小説を書きやがれ!」というクレームが大量に来たら、書こうかな、と。とりあえず、このツイッターにリツイートが10000いけば、引退撤回しよう』と唐突にツイート。同日にはリツイートが1万に達したため、『みんな、面白半分で人の人生をもてあそんだらあかん!』と言いつつも、『しかし、先祖は百姓とは言え、武士に二言はない。しゃあない。太って重くなった尻を上げるか』と作家復帰を宣言していました。この一連のツイートにも一部からは『かまってちゃん』『みんなに望まれて復帰するって構図を作りたかっただけ』という厳しい声も集まっていたタイミングでの今回のツイートだっただけに、さらに不信の声を集めることになってしまったようです」(芸能ライター)

 百田氏は現在も自身への批判に対し、リプライする形で反論を続けている。

記事内の引用について
百田尚樹公式ツイッターより https://twitter.com/hyakutanaoki

関連記事(外部サイト)