クレームの謝罪に訪れた店員を蹴る、叩く、シェイクをかけるなどした男を逮捕 取り調べでの発言にも呆れ声

クレーム謝罪に訪れた店員を蹴りシェイクをかけた男逮捕 悪いことはしていないと主張

記事まとめ

  • 32歳男が、ハンバーガーチェーン店にチキンナゲットが1つ少ないとクレームを入れた
  • 店員が男の自宅を訪れ対応したところ、男は店員の腹を蹴りシェイクをかけるなどした
  • 男は警察の取り調べに対し、「何も悪いことをしていない」と話しているという

クレームの謝罪に訪れた店員を蹴る、叩く、シェイクをかけるなどした男を逮捕 取り調べでの発言にも呆れ声

クレームの謝罪に訪れた店員を蹴る、叩く、シェイクをかけるなどした男を逮捕 取り調べでの発言にも呆れ声

画像はイメージです

 5日、北海道帯広市でハンバーチェーン店の店員にクレームを入れたうえ腹を蹴ったなどとして、美容室経営の32歳の男が逮捕されたことが判明。その酷すぎる行動に怒りの声が挙がっている。

 逮捕された男はハンバーガーチェーン店に対し、「5ピースあるはずのチキンナゲットが4つしかなかった」などとクレームを入れる。これを聞いた店員が、男の自宅を訪れ対応。詳細は不明だが、男がクレームを入れるのはこれが初めてではなかったという。

 男は状況を確認しに来たと思われる店員に対し、腹を蹴る暴挙に。さらに、頭を叩いたうえ、シェイクをかけるなどしたため、暴行の疑いで逮捕された。現在のところ、本当にチキンナゲットが注文より少ない状態だったのかはわかっていない。なお、警察の取り調べに対し、美容室経営の男は「何も悪いことをしていない」と話しているという。

 このまさしくモンスターのようなクレーム男に、「最低の男」「この人間が経営者であることは信じられない」「いい歳をして恥ずかしすぎる」など、怒りの声が挙がる。また、「クレーム対応のために家を訪問するのはやめたほうがいい」「どんなクレームでも店舗で受け付けるようにしてもらいたい」など、クレーム対応の方法についても議論が巻き起こることになった。

 店舗や店員に不手際があった場合、クレームを入れることは客の権利なのだろうが、店舗側も検証のうえ、それが的はずれだった場合は相手の主張を受け入れるのではなく、毅然とした対応を取る必要がある。

 そして、クレームの謝罪についても、訪問するようなスタイルはトラブルに発展しやすい。今後、見直す必要がありそうだ。

文 櫻井哲夫

関連記事(外部サイト)