【大学受験2017】スマホアプリで手軽に受験情報、法大・早大・立大ほか

【大学受験2017】スマホアプリで手軽に受験情報、法大・早大・立大ほか

法政大学「法政大学アプリfor受験生」

 受験シーズンを前に、各大学では受験生向けの入試情報や学校情報などを閲覧できるスマートフォン用の無料アプリを配信している。法政大学は受験生向けの動画、早稲田大学は模擬講義が視聴できるなど、大学の魅力や役立つ情報をスマホで手軽に確認できる。

 法政大学入試センターは、9月6日から法政大学への進学を考えている高校生や受験生に向けた「法政大学アプリfor受験生」の配信をスタートした。最新の入試情報や大学のパンフレットをいつでも閲覧できる。オープンキャンパスや大学案内の動画も掲載されており、地方在住でも大学のようすを体感できそうだ。

 早稲田大学は、大学公式アプリ「WASEDA Mobile」を配信している。在学生のほか、受験生、保護者、校友、教職員などが閲覧できる。キャンパスマップから主要施設の位置を検索できる機能や、施設の見どころを紹介するツアー動画を視聴できる。大学の公式イベントのほか、模擬講義の視聴や早稲田ウィークリーなどのWebサイトの閲覧も可能。

 立命館大学は、「立命館大学入試情報アプリ」を配信中。キャンパスを360度見渡せるアプリで、衣笠、びわこ・くさつ、大阪いばらきの3つのキャンパスの特徴やお勧めスポットをビューワー上でクローズアップして見ることができる。11月には「併願&受験料チェッカー」と「試験地検索ナビ」を公開予定。併願の可否や受験料の総額をチェックできるほか、居住する地域で設定している入試会場の詳細を検索できる。

 同志社大学のアプリ「同志社大学 入試を知ろう」では、入試説明会情報や入試に関する最新情報を公開。キャンパスカメラやキャンパス紹介動画では、普段の学生生活やキャンパスのようすを伝えている。

関連記事(外部サイト)