【中学受験2017】西大和学園「21世紀型特色入試」募集要項発表

【中学受験2017】西大和学園「21世紀型特色入試」募集要項発表

西大和学園中学校・高等学校

 西大和学園中学校は、平成29年度入試に「21世紀型特色入試(専願)」を導入するとし、募集要項を発表した。学力評価のほか、作文、面接、集団討論、プレゼンテーション、資格・検定試験成績、各種大会での活動や顕彰などの資料を活用するという。試験日は平成29年1月14日。

 次代を担うリーダーの育成を教育方針に掲げる西大和学園中学校は、新たな時代に対応する者を評価する「21世紀型特色入試」を実施する。これは、さまざまな能力や得意分野、異なる背景をもった多様な生徒が培ってきた力を評価するもの。教育課程に適応しうる高い学力を有しながら、同校で行われているプログラムや活動に関する卓越した能力、もしくは強い関心や学ぶ意欲を持つ生徒を求める。

 出願資格は、平成29年3月に小学校卒業見込み、または日本の学齢で小学校6年生に該当する者で、合格した場合に入学を確約できる者。募集定員は、1月15日実施の入試と合わせて男子約180名、女子約40名。

 志願者は、Webによるエントリーと郵送による書類提出を行う。書類は、学習活動、文化芸術活動、社会活動などにおいて特に秀でた実績や成果を上げた記録や証明書、活動実績報告書、資格・技能や活動の実績を証明する写し、自己推薦書など。これらの書類を総合的に判断し、提出書類に関する質問会の参加者を決定する。質問会に参加できなかった場合、21世紀型特色入試は受験できない。質問会で21世紀型特色入試の受験資格があるかどうかが判断され、課題作文および面接による試験で合否を決定する。

 面接では、西大和学園中学校に対する関心と学ぶ能力を確認するとともに、論理的思考力、発想力、コミュニケーション能力などを審査する。また、グループ討論や与えられたテーマについてのプレゼンテーションなどを実施予定。

 エントリーおよび書類提出期間は11月1日から11月4日。提出書類に関する質問会は11月中旬以降、出願有資格者決定・通知は12月上旬。出願期間は12月12日から平成29年1月5日。試験は平成29年1月14日で、会場は王寺町やわらぎ会館。合格発表は1月16日。なお、21世紀型特色入試に出願しても、ほかの入試への出願は可能。ただし、別途手続きと受験料が必要となる。

関連記事(外部サイト)