親子で芸術の秋、注目のワークショップは?

親子で芸術の秋、注目のワークショップは?

「芸術の秋」に親子で行ってみたいおでかけプランはどれですか?

 西武沿線情報マガジン「GRUTTO PLUS(ぐるっとプラス)」事務局は、8月29日〜30日の期間中、全国の3歳〜8歳の子どもを持つ500人の保護者を対象に、「親子で体験してみたい秋のおでかけプラン」と「参加してみたいアート系ワークショップ体験やイベント」についてWebサイト上でアンケート調査を実施した。

 「芸術の秋」に親子で行ってみたいおでかけプランを聞いたところ、「プラネタリウム」が33.0%で1位。3歳〜8歳は自分の周りの世界や星や宇宙に興味を持つ年頃なので、そうした子どもの好奇心を満たせるという理由で多くの支持を集めた。2位は「アート系ワークショップ」27.8%。続いて「仕掛け絵本など、図書館でアートな絵本探し」18.0%、「お神輿や山車など日本の芸術、祭り」16.6%がそれぞれ3位、4位という結果だった。

 子ども一緒に体験する機会があったら嬉しいイベントは何かという質問については、「親子で一緒に作れる陶芸体験」が42.2%と最多だった。2位は「親子で学べるお絵かき体験」25.2%、3位は「親子で土に触れられる泥団子作り体験」22.4%、4位は「親子で上達したい書道体験」(10.2%)だった。

 あったら嬉しいイベント1位の「親子で一緒に作れる陶芸体験」の理由については、やってみたいけど設備なども必要で、なかなか機会がないという意見が多く見られたという。GRUTTO PLUS事務局は、体験を通じて知識が得られるだけでなく、共同作業によって家族の絆を深められるため、子どもと保護者が一緒に楽しめる体験型イベントへの参加を勧めている。

◆親子の芸術の秋に関する調査
有効回答:500人(男性250人、女性250人)
調査期間:8月29日(月)〜30日(火)
対象者:全国の3歳〜8歳の子どもがいる保護者500人
調査方法:インターネット

関連記事(外部サイト)