44校来日「ニュージーランド留学フェア」福岡10/8・東京10/9

44校来日「ニュージーランド留学フェア」福岡10/8・東京10/9

エデュケーション・ニュージーランド

 ニュージーランド大使館エデュケーション・ニュージーランドは、10月8日に福岡で、10月9日に東京で「ニュージーランド留学フェア」を開催する。ニュージーランドから世界トップクラスの幼稚園、小・中・高校、大学、英語学校、地域教育団体など多数の留学担当者が来日する。参加費は無料だが、事前登録が必要。

 「ニュージーランド留学フェア」には、人気の英語学校はもちろん、中学・高校は私立、公立の名門校や進学校も参加し、高等教育では国立の総合大学のほかに、観光学やホスピタリティーなど専門教育で有名な工科大学・ポリテクニックも参加する。ラグビーと英語学習を融合した政府公認留学プログラム「Game On English」の紹介もある。

 「ニュージーランド留学フェア」では、ニュージーランドへの留学を目指す学生や保護者のための個別面談、国の教育制度や観光、ビザ情報に関するセミナー、卒業生によるパネルディスカッションも同時開催され、ニュージーランドの各都市の魅力や生活情報についての話も聞くことができる。会場ではニュージーランド産のクッキーとコーヒーも先着順でプレゼントされるほか、事前登録をするとニュージーランド航空往復チケットがあたるキャンペーンも実施される。

 世界でも有数の自然大国であり、治安の良い国として知られるニュージーランドには、日本から毎年約1万人の留学生が渡航している。エデュケーション・ニュージーランドは、留学先としてのニュージーランドの認知度をさらに高め、世界に発信することを目的としている。

 「ニュージーランド留学フェア」は、東京では2回目となるが、福岡では初開催だ。福岡市とニュージーランドのオークランド市の姉妹都市締結30周年を記念しての試みだという。福岡は「ラグビーワールドカップ2019」の開催都市でもあり、スポーツや観光といった分野で活発な教育交流が期待されている。

関連記事(外部サイト)