日本で目指す米国弁護士資格…BARBRIら3社がオンライン講座開講

日本で目指す米国弁護士資格…BARBRIら3社がオンライン講座開講

提携の特徴

 オンライン資格試験サービス「資格スクエア」を運営するサイトビジットと、米国の司法試験予備校「BARBRI」を運営する BARBRI INTERNATIONAL LIMITED、アジア教育支援機関であるGlobal EduGate,LLCの3社は9月23日、米国司法試験対策コースの提供を目的に業務提携した。

 企業活動のグローバル化が進んでいることから、日本国内における海外の弁護士業務の需要が増加しているという。そこで、米国の司法試験予備校BARBRIのオンライン講義をいつでもどこでも受講できる環境を提供する。講座は9月23日より配信開始。

 コースは、「2017年7月受験目標BARBRIホームスタディレビューコース」と「BARBRIリーガルイングリッシュコース」を提供。BARBRIホームスタディレビューコースは、米国外の受験生のために構成された、米国司法試験オンライン対策講座。受講目安は週10〜15時間、最長10か月。ひとりひとりの学習ペースに合わせて提供スピードを変更するため、個人により進捗スピードが異なる。

 また、BARBRIリーガルイングリッシュコースは、重要な法律英語の基本から実務レベルのスキルまで修得できる。受講目安は3か月間で約35〜40時間。

 申込みから受講手続き完了まで、資格スクエア日本語サポートサービスを無料で利用できる。また、BARBRI ホームスタディレビューコースでは、受講期間中何度でも資格スクエア学習質問サービスを有料で利用できる。

◆2017年7月受験目標BARBRIホームスタディレビューコース
受講形態:Web学習
受講目安時間:週10〜15時間/最長10か月
受講期間:2016年9月23日〜2017年7月31日
受講料:5,995米ドル

◆BARBRIリーガルイングリッシュコース
受講形態:Web学習(問題演習形式)
受講目安時間:約35時間〜40時間
受講期間:お申し込みから3か月間
受講料:995米ドル

関連記事(外部サイト)