親子体験プランが約10倍に増加、JTB「旅いく」リニューアル

親子体験プランが約10倍に増加、JTB「旅いく」リニューアル

JTB「旅いく」Webサイトリニューアル

 JTBコーポレートセールスは9月29日午前11時、JTB「旅いく」のWebサイトを全面リニューアルする。全ページスマートフォンに対応するほか、リニューアル時には約3,000件の親子体験商品が予約可能となる。

 JTBのママ社員ら女性有志の発案により2010年夏にスタートしたJTB「旅いく」は、「旅のチカラで子どもたちの生きる力を育てる」がコンセプト。3歳〜12歳の子どもを持つ家族向けに、「旅」を通じて子どもたちの好奇心を育み、成長を手助けしている。お茶の水女子大学などとの共同研究結果にもとづき独自開発した「旅いくプログラム」は累計500件以上、参加者は累計4万人以上にのぼる。

 2015年11月に実施した調査では、JTB「旅いく」体験者は思いやる力などの「子どもの生きる力の伸び」に関して、非体験者を上回る結果となった。「家族で楽しむ休日のお出かけ」を「子どもと共に生きる力の芽を育てる機会」として市場にさらに提供するため、親子向け体験コンテンツを順次拡充し、親子体験予約機能を強化する。

 「子どもの生きる力の芽を育てる」体験には、一緒に体験する保護者の役割が重要だという。新しいWebサイトでは、子どもの年齢に応じて子どもの生きる力を育てる保護者の関わり方や対話法についてもわかりやすく説明しており、体験商品を子どもの年齢で検索できるようになっている。

 リニューアル時には約3,000件の親子体験商品が予約可能。「旅いくオリジナル」「学ぶ」「創る」「遊ぶ」の4つのジャンルに分け、これまでJTB「旅いく」で取扱いが少なかった親子で楽しめるシュノーケリングやシーカヤック、マウンテンバイク、ボルダリングなどのアクティビティも予約できる。

 さらに、旅マエや旅ナカなど、旅先での空いた時間に手軽に親子で参加できる、陶芸やガラス細工体験などの創作体験プランも拡充。スマートフォンで予約できるようになり、旅のさまざまなシーンに応じたファミリーの体験ニーズに対応する。

 JTB「旅いく」はWebサイトリニューアルを機に、教育効果の高い体験商品の発信を強化し、2019年3月までに累計10万人の取扱いを見込んでいる。

関連記事(外部サイト)