改革力が高い大学ランキング、3位「東大」2位「立命館」1位は?

改革力が高い大学ランキング、3位「東大」2位「立命館」1位は?

画像はイメージ

 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は9月29日、改革力が高い大学ランキングを発表した。進路指導教諭が選ぶ大学は、近畿大学が1位に輝いた。2016年度入試で大きな改革を行った東京大学は3位、京都大学は4位だった。

 改革力が高い大学ランキングは、全国の進学校(高校)2,000校を対象に進路指導教諭おすすめの大学についてアンケートを実施。各項目について5大学を選び、1位の大学を5ポイント、2位の大学を4ポイント、3位の大学を3ポイント、4位の大学を2ポイント、5位の大学を1ポイントとして集計し、ランキング化した。

 トップは近畿大学で、前年の3位から1位に躍進した。近畿大学は平成32(2020)年の完成を目指し、東大阪キャンパスの大規模整備を行なっている。完成後は自習室2,400席を24時間開放するなど、これまでにないキャンパス作りを推進。また、2019年4月からの運用を目指し、人工知能(AI)を活用した大学改革・業務改革を実施する。

 2位は前年1位だった立命館大学。3位は東京大学、4位は京都大学がランクイン。東京大学は推薦入試、京都大学は特色入試を2016年度に実施した。上位10大学のうち、私立が7割を占める結果となった。

 ランキングは、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆改革力が高い大学ランキング
1位「近畿大学」
2位「立命館大学」
3位「東京大学」
4位「京都大学」
5位「東洋大学」
6位「明治大学」
7位「東北大学」
8位「早稲田大学」
9位「慶應義塾大学」「立教大学」

関連記事(外部サイト)