全国初、松戸市が全公立保育所で「英語あそび」活動スタート

全国初、松戸市が全公立保育所で「英語あそび」活動スタート

松戸市子育て情報サイト「まつどDE子育て」

 松戸市は平成28年9月より、市内の全公立保育所17か所でネイティブの専門講師による英語あそびの活動を開始した。人口30万人以上の自治体において、英語あそびの活動を公立保育所で一斉に取り入れるのは全国初の取組みだという。

 ネイティブ講師による英語あそびの活動を公立保育所に取り入れる事業は、幼児期の子どもが異文化体験や国際交流をすることで、子どもの豊かな人間関係を育むとともに、2020東京オリンピック・パラリンピックを見据えて将来の国際化社会に対応できる人材育成につながることを目指している。

 「楽しい英語あそび」は、松戸市の全公立保育所17か所で5歳児クラスを対象に実施。1保育所あたり月1回、1回につき幼児20人程度で、30分〜40分の活動を行っている。日中の保育時間中に、ネイティブ講師と一緒にカード遊びや歌あそび、体を動かすゲームに取り組んでいる。今後は、イベントなどを通じて異文化体験できる活動も考えられている。

 実際に参加した子どもたちからは、「楽しかった」「英語が好きになりそう」「先生ともっと話したい」「先生は次にいつ保育園に来てくれるの」などの感想が寄せられているという。

 期間は平成28年9月〜平成29年2月までだが、松戸市は次年度以降も継続予定としている。

関連記事(外部サイト)