【大学受験2017】国公立大のAO・推薦実施数、過去最多を記録

【大学受験2017】国公立大のAO・推薦実施数、過去最多を記録

平成29年度国公立大学入学者選抜について

 文部科学省は10月4日、平成29年度の国公立大学入試に関する概要を発表した。入学者選抜実施大学は全体で168大学579学部。募集人員全体は12万4,920人。アドミッションオフィス入試(AO)と推薦入試を行う大学数の割合は、それぞれ過去最多となった。

 文部科学省は、国公立大学の入学者選抜について、各大学が7月末までに公表した入学者選抜要項等をもとにその概要を取りまとめ、公表している。平成29年度については、国公立大学全体の入試実施大学数は168大学、579学部。募集人員全体は募集人員全体は12万4,920人。

 学力試験に偏ることなく、詳細な書類審査や面接などを組み合わせ入学者を選抜する「アドミッションオフィス(AO)入試」や、出身高等学校長の推薦に基づき、原則、学力検査が免除し調査書による選抜を行う「推薦入試」は、推計を取り始めた平成12年度以降、過去最多の実施大学数と割合を記録。AO入試大学は国公立大学で79大学213学部、推薦入試は160大学450学部。

 新たにAO入試や推薦入試を実施する大学・学部には、岩手大学(理工)、千葉大学(国際教養)、横浜国立大学(教育、経済、経営、都市科)、大阪大学(文、人間科、外国語、法、経済)などがある。大学として新規に実施するのは、滋賀大学(データサイエンス)、香川大学(医学部)、熊本大学(文、法、理、工)、山陽小野田市立山口東京理科大学(工)など。

関連記事(外部サイト)