【中学受験2017】福岡県立中高一貫校、募集要項・願書の配布開始

【中学受験2017】福岡県立中高一貫校、募集要項・願書の配布開始

生徒募集要項

 福岡県教育委員会は、平成29年度の県立中高一貫教育校の生徒募集要項や願書の配布を開始した。配布しているのは、育徳館中学校、門司学園中学校など5校。Webサイトでは願書の配布場所について一覧で紹介している。配布は12月7日まで。

 平成29年度の県立中高一貫教育学校に志願できるのは、原則として平成16年4月2日から平成17年4月1日の間に出生し、平成29年4月以降に志願者とその保護者の住居が福岡県内にある者。入学定員は、育徳館中学校、門司学園中学校、輝翔館中等教育学校が各120人、宗像中学校と嘉穂高等学校附属中学校は各80人。志願できるのは5校のうち1校限り。

 志願期間は平成28年11月24日から12月7日(消印有効)まで。志願期間を過ぎると、いかなる理由があっても受け付けない。受検票は12月14日までに郵送する。

 検査は、平成29年1月8日に実施。検査内容は、作文、適性検査、面接。作文や適性検査では、身の回りの事柄に対して課題意識を持ち、自ら考えわかりやすく表現や解決しようとする態度や能力などを評価する。面接は、集団面接を行う。中高一貫教育学校で学ぶ意欲や目的意識、小学校6年間の生活や学習の状況を聞く。結果は1月17日に、志願者全員へ結果通知書を郵送する。

 そのほか要項では、志願書や調査書作成依頼書の記入例を挙げている。募集要項・願書は、各県立中高一貫教育校のほか県教育庁や各地区の教育事務所で平日のみの12月7日まで配布。配布場所は、Webサイトにも掲載している。

関連記事(外部サイト)