難関大が上位独占…入学後、生徒の満足度が高い大学ランキング

難関大が上位独占…入学後、生徒の満足度が高い大学ランキング

画像はイメージです

 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は10月6日、入学後、生徒の満足度が高い大学ランキングを発表した。他大学を大きく引き離し「東京大学」が1位。2位は「京都大学」、3位は「早稲田大学」だった。

 入学後、生徒の満足度が高い大学ランキングは、全国の進学校2,000校の進路指導教諭を対象におすすめの大学についてアンケートを実施。各項目について5大学を選んでもらい、1位の大学を5ポイント、2位の大学を4ポイント、3位の大学を3ポイント、4位の大学を2ポイント、5位の大学を1ポイントとして集計し、ランキング化した。

 1位は2位を大きく引き離して334ポイントを獲得した「東京大学」。2位は「京都大学」253ポイント、3位は「早稲田大学」200ポイントがランクイン。ついで、4位「慶應義塾大学」、5位「東北大学」、6位「明治大学」、7位「立教大学」、8位「筑波大学」「名古屋大学」、10位「大阪大学」という結果だった。

 トップ10には、難関大学の中でも大規模な総合大学ばかり。施設設備の充実や教員の顔ぶれ、授業の種類の豊富さ、キャンパスの広さ、交通の便の良さなど、大規模大学の強みが、生徒の満足度が高い理由の1つだと考えられるという。

 教育進学総合研究所が発表した「生徒に人気がある大学」では、生徒に人気のある大学のタイプとして「社会的評価・イメージが良い大学」や「知名度が高い大学」が上位にあげられたが、大学生の就職状況の好転により、受験生の有名大学志向が高まっていることも一因だとしている。

 ランキングは、今週の無料記事として大学通信が運営する「キャンパスナビネットワーク」に掲載されている。携帯サイト「教育進学総合研究所」に会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆入学後、生徒の満足度が高い大学
1位「東京大学」
2位「京都大学」
3位「早稲田大学」
4位「慶應義塾大学」
5位「東北大学」
6位「明治大学」
7位「立教大学」
8位「筑波大学」「名古屋大学」
10位「大阪大学」

関連記事(外部サイト)