日本初、地場産品で「学長スイーツ」 花園大学

全国初の学長スイーツを販売

日本初、地場産品で「学長スイーツ」 花園大学

日本初、地場産品で「学長スイーツ」 花園大学

試食会でのようす 花園大学

 100円朝食や総長カレー、ハラル対応料理やBBQなど、大学独自のオリジナルメニューを提供する動きが広まっている大学の学食。「安い」「おいしい」「栄養がある」だけではなく、多様な学生の要望を満たしつつ特色のある商品づくりが話題だ。花園大学では10月14日まで、全国初の「学長スイーツ」を期間限定で販売している。

 花園大学は、京都府京都市に所在する臨済宗立の仏教系私立大学。「スイーツが大好き」という学長が大学を盛り上げるため、同大学リーダー輩出プロジェクト(HLP)の学生メンバーと共に、学食で販売するスイーツを企画した。

 学長スイーツには、学校施設のある右京区京北地域の活性化もねらい、京北産である山椒と「くろもじ」を使った。コンセプトは「健康が気になるあなたのためのハーブスイーツ」。山椒は胃もたれ、食欲増進に効果があり、くろもじは健腸作用や肝機能改善に効果があるという。

 花園大学によると、全国的に大学と企業による産学連携での商品づくりが盛んだが、学長と学生がコラボレーションしたスイーツづくりは全国的にも例がなく、日本初のこと。

関連記事(外部サイト)