ベネッセ、小中学生向け英語4技能検定「GTEC Junior」開始

ベネッセ、小中学生向け英語4技能検定「GTEC Junior」開始

GTECジーテック Juniorジュニア (Global Test of English Communication Junior) 画面イメージ図

 ベネッセホールディングスの子会社であるベネッセコーポレーションは、小中学生を対象とする英語4技能検定「GTEC Junior(ジーテックジュニア、Grobal Test of English Communication Junior)」を2016年12月から順次、実施する。

 GTEC Juniorは、2018年度以降の小学校高学年における英語教科化の先行実施を見据え、タブレットで小中学生レベルの「聞く」「話す」「読む」「書く」4技能の力を測定する英語検定。これまでに実施してきたGTECシリーズの一環に、小中学生向けとして加わった。

 受験は、小中学校(小5生〜中1生対象)および「Benesseこども英語教室」「こども英会話のミネルヴァ(小2生〜中1生対象コース)」で可能。受験レベルは「Junior 1」「Junior 2」「Junior Plus」の3段階が用意され、問題は、小中学校での英語指導の実態に沿いつつ、次期学習指導要領を見据えて出題する。出題の場面設定や演出は、発達段階を考慮し、受験の体験自体が「英語を使えた」達成感につながるよう工夫されているという。

 実施は2016年12月から。2016年度の受験者数は、小学校実施と一部のベネッセグループ英語教室生を合わせて約3,000名。2017年度は小・中学校での実施に加え、ベネッセグループ英語教室生約20,000名の受験を見込む。受験料は、「Junior 1」「Junior 2」が4,104円、「Junior Plus」が4,644円(いずれも税込)。

関連記事(外部サイト)