漢検、2016年「今年の漢字」を募集11/1-12/5

漢検、2016年「今年の漢字」を募集11/1-12/5

2016年「今年の漢字」

 日本漢字能力検定協会は、2016年の世相を漢字一字で表現する「今年の漢字」を11月1日〜12月5日の期間、募集する。応募は全国の書店や図書館などに設置する応募箱のほか、はがきやWebサイトからも受け付ける。発表は12月12日。

 1995年から毎年開催している「今年の漢字」は、その年を表す漢字一字を全国から募集し決定する。国民ひとりひとりが1年間を振り返り、その年を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらうことを目的としている。1位の漢字は、12月12日の「漢字の日」前後に京都・清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)により発表する。2016年の発表日は12月12日。

 2015年は、戦後70年の節目の年に安全保障関連法案の採決を巡り、国論が二分。また、世界でテロ事件や異常気象が発生したことや、建築偽装問題、メーカーの不正が発覚するなど、暮らしの安全が揺らいだ年だったことから、12万9,647票の応募の中から、5,632票を集めた「安」が選ばれている。

 6月29日に京都市内に開館した「漢字ミュージアム」では、これまでの「今年の漢字」を一堂に展示する特別企画展を2017年1月29日まで開催している。会場では、21年分の原物展示のほか、各年の世相を表す報道記事・写真の展示、揮毫映像の上映などを行っている。

◆2016年「今年の漢字」
応募期間:2016年11月1日(火)〜12月5日(月)必着
応募方法:はがき、Webサイト、「今年の漢字」応募箱(全国900か所以上の書店や図書館などに設置)
発表:2016年12月12日(月)京都・清水寺
プレゼント:
【個人応募】漢検オリジナル図書カード1万円分(5名)、漢検オリジナル図書カード5,000円分(10名)、漢検オリジナル図書カード500円分(25名)、漢検オリジナル消しゴム(60名)
【団体応募限定】「今年の漢字」特製ミニ揮毫セット(5団体)

関連記事(外部サイト)