イマドキ修学旅行はシンガポールへ…人気の秘密は?

イマドキ修学旅行はシンガポールへ…人気の秘密は?

2016年10月18日に行われたシンガポール教育旅行セミナーのようす

 北海道、東京、大阪、奈良、京都に長崎や沖縄…。高校時代の思い出である修学旅行の行き先はどこだったろうか。近年では英語力やコミュニケーション能力、自立性の向上を目的に、海外を行き先としている学校も多い。特に、昨今は従来の韓国、ハワイ、オーストラリア、カナダなどに加え、シンガポールが教職員の注目を集めている。

 シンガポール政府観光局は10月18日、東京都港区の日本アセアンセンターにて中学・高校の経営者や教職員を対象に、シンガポール教育旅行セミナーを開催した。教育旅行とは、いわゆる修学旅行や研修旅行、海外研修などのこと。セミナー当日は、実際にシンガポールを教育旅行先にした安田学園高等部教諭の原健一氏と都立桜修館中等教育学校副校長の志波昌明氏が登壇し、渡航先での生徒たちのようすや得られた効果、シンガポールを選ぶメリットとデメリットなどについて紹介した。

◆決め手は安全・清潔・国際性

 シンガポールを修学旅行先に選んだ学校数総計は、2014年時点で143校。生徒数総計は18,957人で、オーストラリアやハワイ、韓国やカナダを抜かし台湾、マレーシアに次ぐ人気がうかがえる。

 シンガポールの魅力はさまざま。東京23区にほぼ等しい国土面積ながら、歴史や都市開発、水資源などの社会問題に向き合う豊富な学習素材に恵まれ、国立博物館やナイトサファリ、セントーサなどの多彩な観光資源を有する。多くの民族と文化が織り成す多民族国家のため、社会でもっとも耳にする機会が多いと言われる“アジアなまり”の生きた英語に触れる機会も多い。

 交通網も発達しており、安全な都市ランキングでは東京に次ぐ世界第2位に位置し、都市開発により整備された近代的な街づくりによって疫病や流行病の恐れも抑えられており、衛生面の心配も少ない。国柄、意思疎通に不可欠な英語力も高く、2013年のTOEFL平均点ランキングでは世界3位にランクイン。原氏と志波氏はいずれも、生徒だけで行動してもある程度の安全が確保される治安の良さはもちろん、教育レベルが高いことを選定の決め手としてあげた。

◆海外で修学旅行を行うメリット

 国際理解を目的とした修学旅行プログラムを組んでいる安田学園高等部の原氏は、シンガポールへ生徒を引率したのは2016年の渡航で2度目。他国への渡航と比べても原氏自身を含めた生徒たちのシンガポールへの満足度は高く、シンガポール大学の大学生との交流プログラムを中心とすることで、渡航前の事前学習も含め、生徒自身の学習意欲や自立心に向上が見られ、自分に自信を持てるようになった生徒が多いと話す。

 スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校の都立桜修館中等教育学校副校長の志波氏も、修学旅行プログラムに現地大学生と市内で班行動を取る「B&S(Brother&Sister)制」を採り入れたことで生徒が積極的に英語を活用しようとし、ひとりひとりに成長が見られたとメリットを語る。

◆課題は費用と交流先の学校選定

 ただし、公立学校の場合は渡航費用予算があらかじめ決定されているため、桜修館の場合は為替レートの都合から渡航期間が年度によって2泊、ないしは3泊に変動する。比較的渡航費用が掛からない時期に円滑に旅行を計画し、速やかに業者との契約を結ぶことが費用課題解決の鍵になりそうだ。

 また、シンガポールの教育システムと日本の教育にはズレがあるため、学校間交流の相手先の選定と決定も課題のひとつ。シンガポールにおける1か月以上の休暇は6月と11月後半から12月で、新年度は1月開始。よって、日本の修学旅行期間にあたる時期には学校間交流の調整が困難である場合がある。さらに、シンガポールは学校数も限られているため、「姉妹校や提携校があれば良い」(志波氏)のだが、1学年数百人単位の団体ともなると、受入れ可能な学校はさらに限定される可能性が高い。

 こういった事情から、シンガポール政府観光局日本支局マネージャーの吉田明子氏は、学校間交流を目的とする場合は、できれば渡航時期をずらすことも検討要項のひとつとしている。また、吉田氏によると「シンガポールの学校はどこも、修学旅行に来た時だけの儀式的な交流は求めていない」。英語力は現地の生徒の方が高い場合が多く、意義のある交流には多くの準備や継続性のある方法やプログラムの作成・実行が必要であることを強調した。耳にするだけでは非常に難易度の高い教育旅行になるのでは、と一抹の不安がよぎるが、その分、教諭らが渡航前準備と現地での活動を合わせた国際教育カリキュラムを上手に組めば、生徒たちの英語力を底上げする一生ものの強力な機会にできそうだ。

 シンガポール政府観光局北アジア局長のマーカス・タン氏は、「シンガポールはほとんど日本と変わりのない近代的な街並みがありながら、それと調和する民族文化や伝統がある」と魅力を伝える。原氏が「英語が話せないままだと何も得られず、満足感のないまま帰国してしまう生徒もいた」と語るように、同じアジアでありながら、文化と高度な技術の入り混じった異色の風土にカルチャーショックを受けて帰ってくる生徒も多いだろう。しかしそれこそが、グローバル社会を生き抜く21世紀型の子どもたちに必要な経験で、若いうちに実体験として積んでおくべき経験のように思える。

 シンガポールへの教育旅行に関する情報やDVD、パンフレットはすべて、シンガポール政府観光局へ問い合わせれば入手可能。来年度の修学旅行先を決めるべき時期が近づいているが、次は一度、国外も選択肢のひとつに入れてみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)