予想外? 子どもが選ぶ「理想の旅の条件」とは

予想外? 子どもが選ぶ「理想の旅の条件」とは

重視する旅の条件

 オンライン宿泊予約サイト「ブッキング・ドットコム」が、世界各国の5歳〜15歳を対象に、重視する旅の条件や評価の高い旅先を調査したところ、12〜15歳が重視したのは「安定した通信環境」であることがわかった。

 調査は、ブッキング・ドットコムの掲載施設に宿泊した5〜15歳の回答者22,564名を対象に、6月3日〜8月29日にかけて実施した。

 重視する旅の条件として、12〜15歳の89%が「安定した通信ができるWi-Fiが絶対に欠かせない」と回答。特に日本において顕著な結果が出たという。「SNS投稿用の目立つ写真を撮影することが重要」との回答も44%だった。「旅行中にほかの子どもたちと仲良くなることが重要」は25%にとどまり、旅行中もSNS投稿や友達とのやり取りが続けられることに高い関心を持っていた。

 5〜11歳の重視する条件のトップ2は、「プール」73%や「ビーチ」58%に近いこと。ついで「地元ではできないアクティビティ」54%があげられた。「ほかの子どもたちと遊ぶこと」は42%、旅行中に普段とは違った食べ物を食べることは30%以上が重視しており、12〜15歳より社交的でアクティブな旅の楽しみを好んでいた。

 調査ではギリシャやブラジル、アメリカが、2016年の子ども向け旅先の上位にあげられた。これらの国は、5〜11歳の46%と12〜15歳27%が重視する点にあげた「夜のアクティビティ」やビーチの近くの宿泊施設、SNS投稿に適した撮影ができる場所などが揃っているという。

 日本は食に関して人気が高く、5〜11歳の84%が「日本への旅行では食べ物がおいしかった」と回答。家族旅行を、異文化の食べ物を味わう機会としても楽しんでいることがわかった。

関連記事(外部サイト)