バイリンガル家庭教師「お迎えシスター」小1-3向けスクールを開始

バイリンガル家庭教師「お迎えシスター」小1-3向けスクールを開始

Saturday school

 バイリンガル教師による子ども向けプライベート英語レッスン「お迎えシスター」を提供するSelan(セラン)は、新たにグループレッスン形式で、英語で世界について学ぶ小学生向けグローバル教育スクール「Saturday school」を5月27日から開講すると発表した。

 「お迎えシスター」は、バイリンガル教師が子どもを保育園や学童にお迎えに行き、自宅へ帰宅後英会話レッスンをするという、「お迎え」×「英会話」を組み合わせた子ども向けプライベート英語レッスンサービス。2015年1月のスタート以降、共働き世帯の増加や、新学習指導要領による小学3年生からの英語必修化の流れなどを受け、直近1年での利用者数は7倍に増加しているという。

 今回、お迎えシスターが当初より掲げる「子ども達にロールモデルを。」というコンセプトのもと、その想いを広範囲に届けるため、子どもたちが各分野で活躍するプロフェッショナルや多様なバックグラウンドを持つバイリンガル大学生との出会いを通して幅広い世界に触れ、視野を広げられるような環境作りを目的として、グローバル教育スクールを開講する。

 「Saturday school」では、ワークショップを取り入れた2時間の英語レッスンを、5月〜8月までの土曜日および日曜日に全6回実施する。テーマは、「世界とお金のこと」「世界の子ども達のこと」「世界と繋がるプログラミング」などさまざま。第6回となる「世界と出会えるサマースクール」は3日間の日程で行われる。

 子どもたちは全6回の中から興味のあるテーマを選択して受講することができる。1回のみの参加も可能で、Webサイトの専用フォームにて申込みを受け付けている。定員は各回約10人。レッスンは基本的に英語で行うが、バイリンガル講師がフォローに入るため英語ビギナーの子どもでも参加可能。

 9月以降には小学校高学年向けにもスクールを開講予定。今後3年以内を目処に首都圏10か所にエリアを拡大する予定だという。

◆Saturday school
場所:セラン中目黒本社(東京都目黒区中目黒3-1-9 第3千陽ビル7階)
対象:小学生1年生〜3年生
定員:各回約10名
費用:1レッスン2時間 6,300円(入会金不要)
申込方法:Webサイトの専用フォームから1レッスンごとに申し込む
開始日とテーマ:
第1回:2017年5月27日(土)「世界のお金のこと」、第2回:6月3日(土)「世界の子ども達のこと」、第3回:6月25日(日)「世界と繋がるプログラミング(1)」、第4回:7月8日(土)「世界と繋がるプログラミング(2)」、第5回:7月22日(土)「世界の民族衣装のこと」、第6回:8月3日(木)〜5日(土)「世界と出会えるサマースクール」※3日間コース

関連記事(外部サイト)