【夏休み2017】高校生グローバル体験キャンプ…岩手・宮城、長野で開催

【夏休み2017】高校生グローバル体験キャンプ…岩手・宮城、長野で開催

高校生グローバル体験キャンプ

 NICE(ナイス)は、「高校生グローバル体験キャンプ」を岩手・宮城で7月30日〜8月1日、長野で8月9日〜11日に開催する。参加者は実践的な英語を学びながら、チームで復興や地域課題に取り組んでいく。

 NICEは、国内・海外でボランティア活動を行う国際ボランティアNGO団体。1990年に設立され、国内・海外95か国でワークキャンプなどを行っている。

 「高校生グローバル体験キャンプ」は、英語でコミュニケーションをとりながらチームで課題に取り組むことで、グローバルな視点を持った人材を育てることが目的。世界トップクラスの金融機関と若者の国際交流プログラムで定評のある団体が協力している。

 プログラムは原則すべて英語で行われ、銀行の現役社員のサポートを受けながらビジネスの現場で使われている実践的な英語を学ぶことができる。また、グループに分かれて実在する商品のPR内容を日本語と英語で考え、実際にオンラインショッピングで販売するマーケティング体験も行われる。地元の企業経営者からも直接話を聞くことができるので、視野が広がり、将来の進路選択にも役立てられるという。

 岩手・宮城は、岩手県陸前高田市や大船渡市、宮城県気仙沼市が会場。東日本大震災で甚大な被害を受けた地域で、高校生の力で復興に貢献する。長野は、信州伊那里地域(長野県上伊那郡飯島町・中川村)が会場。町長の特命で飯島町役場営業部に高校生が配属され、町の特産品のPRに取り組む。

 対象は「高校生グローバル体験キャンプ」に関心がある高校生で、国内・海外の居住は問わない。英検準2級〜2級程度以上の英語力が必要。定員は岩手・宮城が40名、長野が30名。基本参加費は1キャンプ4万8,000円で、岩手・宮城と長野の両方に参加する場合は9万円。

 申込みはWebサイトで受け付けており、第1次締切りは5月31日、第2次締切りは6月30日。なお、第1次締切りまでに申し込んだ場合は、1キャンプあたり3,000円の割引となる。このほか、開催県からの参加者や過去の参加者にも割引が適用される。

 東京では5月20日と6月16日に、お試し体験できるセミナーが開催される。セミナーでは、サポートを受けながら英語でのグループワークやディスカッションに挑戦する。参加費は5,000円。申込みは、Webサイトで受け付けている。また、セミナー参加者にはキャンプ割引券(5,000円)が配布される。

◆高校生グローバル体験キャンプ
対象:「高校生グローバル体験キャンプ」に関心がある高校生(国内・海外の居住は問わない)
参加資格:参加上必要な英語力がある者(英検準2級〜2級程度以上が目安)
※帰国子女や留学経験者で、検定を取得していない場合は目安となるものを申込みフォームで選択する
参加費:1キャンプ/4万8,000円、セット参加/9万円
※各種割引あり
申込方法:Webサイトの申込みフォームにて受け付けている
申込締切:第1次2017年5月31日(水)、第2次2017年6月30日(金)
※詳細は、Webサイトで確認できる

【岩手・宮城】
開催日:2017年7月30日(日)〜8月1日(火)
開催場所:岩手県陸前高田市・大船渡市、宮城県気仙沼市
宿泊場所:岩手県立福祉の里センター(岩手県大船渡市立根町字田ノ上30-20)
定員:40名

【長野】
開催日:2017年8月9日(水)〜11日(金)
開催場所:長野県上伊那郡飯島町・中川村
宿泊場所:アグリネーチャーいいじま(長野県上伊那郡飯島町3907-1636)
定員:30名

関連記事(外部サイト)