養殖のプロ直伝、親子で楽しむ「金魚の学校」愛知6/17

養殖のプロ直伝、親子で楽しむ「金魚の学校」愛知6/17

愛知県水産試験場・弥富金魚漁業協同組合 共催「金魚の学校」

 愛知県水産試験場は5月17日、弥富市および弥富金魚漁業協同組合と共催で、親子で楽しむ金魚飼育講座「金魚の学校」を6月17日に開催すると発表した。対象は愛知県内に在住または在勤で、家庭で金魚の飼育が可能な小学生の子どもと保護者100組程度。受講料は無料。

 愛知県水産試験場は、県の特産品である弥富市の金魚について理解を深めてもらうため、弥富市および弥富金魚漁業協同組合と共催で、親子で楽しむ金魚飼育講座「金魚の学校」を開催する。水産試験場の職員と弥富の金魚養殖のプロから金魚の知識や飼育のポイントを学び、実際に家庭で金魚を飼育、色変わりのようすを観察する。

 「金魚の学校」では、金魚の歴史と金魚の品種のはなしや、金魚の養殖のはなし、金魚飼育のポイントと楽しみ方、金魚の稚魚の飼育と観察などの講義を受けることができる。終了後、今年生まれた、まだ色の変わっていない金魚の稚魚が渡され、家庭で飼育しながら、どのように色変わりが起こるかについて観察する。観察レポートを提出した受講者には、修了証が授与される。

 対象は、県内に在住または在勤者の小学生の子どもと保護者。なお、講義の内容は小学校4年生程度を想定する。定員は100組程度。応募者多数の場合は抽選となる。

 弥富市総合社会教育センター中央公民館ホールで6月17日午後1時半から午後3時半まで開催。申込方法はメールのみ。締切は6月9日必着。

◆親子で楽しむ金魚飼育講座「金魚の学校」
日時:2017年6月17日(土)13:30〜15:30
会場:弥富市総合社会教育センター中央公民館ホール(弥富市前ヶ須町野方802−20)
対象:県内に在住または在勤者で、家庭で金魚の飼育が可能な子どもと保護者
※講義の内容は小学校4年生程度を想定
定員:100組程度
※応募者多数の場合は抽選
受講料:無料
申込方法:件名を「金魚の学校応募」とし、必要事項を記載のうえ指定のアドレスへメールを送る
申込締切:2017年6月9日(金)必着
内容:
(1)金魚について学ぼう(金魚の歴史と金魚の品種のはなし)/愛知県水産試験場内水面漁業研究所弥富指導所職員
(2)金魚養殖のはなし(金魚養殖の1年)/弥富金魚漁業協同組合理事
(3)親子で楽しむ金魚飼育〜飼育のポイントと楽しみ方〜/愛知県水産試験場内水面漁業研究所弥富指導所職員
(4)金魚の色変わりを体験しよう(金魚の稚魚の飼育と観察)/愛知県水産試験場内水面漁業研究所弥富指導所職員、弥富金魚漁業協同組合研究部
※終了後、金魚の稚魚を家庭で観察し、観察レポートを提出すると修了証が授与される

関連記事(外部サイト)