学生起業社数1位は慶大「スタートアップ大学別マップ」公開

学生起業社数1位は慶大「スタートアップ大学別マップ」公開

2017年 学生企業家スタートアップ大学別マップ

 ディップが公開した「2017年 学生起業家スタートアップ大学別マップ」によると、学生による起業社数の1位は「慶應義塾大学」、2位は「東京大学」、3位は「早稲田大学」であることが明らかになった。

 アルバイト・パート求人情報サイト「バイトル」などを運営するディップは5月23日、スタートアップ専門メディアの「Startup Times」にて学生起業家のスタートアップ企業をカテゴリごとにまとめた「2017年 学生起業家スタートアップ大学別マップ」を公開した。

 「2017年 学生起業家スタートアップ大学別マップ」は、2017年3月時点に在籍する学生起業家を対象に調査を実施し、サービスカテゴリごとに分類したもの。掲載を承諾した企業のみを掲載している。

 学生による起業社数の1位は藤沢イノベーションビレッジ(SFC-IV)を運営する「慶應義塾大学」が16社、2位はEDGE programを運営する「東京大学」が14社、3位はWASEDA-EDGE人材育成プログラムを運営する「早稲田大学」が9社であった。

 ほかには、「立教大学」5社、「中央大学」「明治大学」「九州大学」各3社、「筑波大学」「京都大学」「立命館大学」など7校が各2社など。また、番外編として中高生が約5%を占めている結果は、注目すべき点であるとしている。

 ディップは自薦他薦問わず、スタートアップの追加や要望をWebサイトより受け付けている。学生起業家は知名度で不利なことが多いが、マップを公開することで学生起業家に注目が集まり、資金や人材などが集まることなどを願っているという。

関連記事(外部サイト)