高校生対象、最大200万円×4年間「福岡県アンビシャス外国留学支援奨学金」

高校生対象、最大200万円×4年間「福岡県アンビシャス外国留学支援奨学金」

福岡県アンビシャス外国留学奨学金事業

 福岡県は、海外の大学への留学を目指す県内の高校生を対象とした「福岡県アンビシャス外国留学奨学金事業」平成30年度募集概要を発表した。奨学生には、年間上限200万円が最長4年間交付される。

 「福岡県アンビシャス外国留学支援事業」は、県内の篤志家からの寄付を基に設置された基金により運営されている。県の将来を担い、国際的に活躍する人材を育成するために、奨学金を交付する。

 対象は、海外の大学の正規課程への留学を目指す高校生(20歳未満の卒業生を含む)。日本国籍を有し、本人または保護者が1年以上県内に在住していることや、留学先大学において専門とする学問分野の学習を行うに十分な外国語能力を持つこと、在籍または卒業した高等学校長が推薦していることなどが条件となる。

 交付額は留学先大学の年間授業料相当額となり、上限は200万円。世帯収入が一定額以上の場合は、別途定める上限となる。最短修了年限の範囲を交付期間とし、最長は4年間。

 学位(学士)を取得できる正規課程の大学が留学対象となるため、語学留学や聴講生、研究生などとしての留学や、短期大学、コミュニティカレッジ、ファウンデーションコースなどへの留学は対象としない。また、貸与型の奨学金との併用は可能だが、給付型の奨学金との併用は認めていないため注意が必要。

 平成30年度の募集受付期間は、8月1日〜9月8日午後5時まで。福岡県Webサイトに、近く募集要項を掲載する。審査委員会による書類と面接審査を経て、11月ごろに若干名の奨学生を内定。翌年4月以降、留学先大学の入学許可証提出後に決定し、授業料請求書を受領後に奨学金の交付を開始する。

 福岡県Webサイトで、平成30年度奨学生募集チラシや過去に選ばれた奨学生の留学先でのレポートを確認できる。

関連記事(外部サイト)