芝浦工大附属中高に「鉄道工学ギャラリー」オープン、一般に無料公開

芝浦工大附属中高に「鉄道工学ギャラリー」オープン、一般に無料公開

しばうら鉄道工学ギャラリー

 芝浦工業大学は、5月21日に附属中学高校内に「しばうら鉄道工学ギャラリー」をオープンした。附属中高が4月に新豊洲へ移転したことに伴い新設した施設で、大学図書館へ寄贈された鉄道に関するコレクションをもとに常時1,900点を展示。一般向けに無料公開する。

 芝浦工大附属中高は、戦前の鉄道省が設置した東京鐵道中学の流れを汲み、創立90年を超える歴史を持つ学校。この度、移転に伴い学校の歴史にちなんだ鉄道に関するギャラリーを新設した。中学・高校内に鉄道資料を展示・公開する施設を設置するのは日本で初めての試み。鉄道を通して広く工学の魅力を発信し、生徒だけでなく、地域住民にも貴重なコレクションを公開する。

 ギャラリーでは、国内の著名なコレクターより寄贈されたコレクションを中心に常時1,900点を解説付きで展示。模擬運転台を利用したNゲージ操作体験や、各種歴代の切符コレクション、鉄道車両部品、記念品や記念乗車券などを展示するほか、車両のシート(115系普通車と485系特急グリーン車)を移設した読書スペースで1990年代以降の鉄道関係雑誌を中心に約1,400冊を閲覧することができる。

 今後は、定期的な展示コレクションの入れ替えや公開講座など各種イベントも実施予定。開館日は火曜日から土曜日で、入場無料。広く一般に公開する。

◆しばうら鉄道工学ギャラリー
所在地:芝浦工業大学附属中学高等学校内(東京都江東区豊洲6-2-7)
開館時間:火曜日〜土曜日 10:00〜12:30、13:30〜16:00(最終入場は15:30)
休館日:毎週日曜日、月曜日、祝日(そのほか学校行事などにより臨時休館する場合あり、Webサイトの開館カレンダーで確認可能)
入場料:無料

関連記事(外部サイト)