堀江貴文氏や西野亮廣氏ら登壇、スタディサプリラボ「未来の教育講座」

堀江貴文氏や西野亮廣氏ら登壇、スタディサプリラボ「未来の教育講座」

スタディサプリラボ「未来の教育講座」

 リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン学習サービス「スタディサプリ」は、東京都新宿区の「スタディサプリラボ」にて高校生を対象にした21世紀型スキルを学べる「未来の教育講座」を新たに開始。ライブ配信などで提供することを発表した。

 変わりゆく世界情勢や、AI(人工知能)時代の突入など、変化の激しい社会を生き抜く子どもたちには「21世紀型スキル」として創造力や編集力が求められている。「スタディサプリ」では、従来より基礎科目に加え、視座・視点を広げる教養講座や思考力を鍛えるアクティブラーニング講座など「21世紀型スキル」が身に付く機会を提供してきた。

 この度、新たに「スタディサプリラボ」にて、社会の第一線で活躍する講師による高校生対象の「未来の教育講座」を開始する。堀江貴文氏がプロデュースする講座「イノベーション×クリエイティブコース」では、毎回各分野のトップランナーをゲストに迎え、独自の視点でテーマを深掘りする。初回講座は、ゲストにチームラボ代表の猪子寿之氏を迎え、5月28日に開催。講義のようすはFacebook、YouTube、Twitterにて、誰でも視聴可能なライブ配信を行う。

 そのほか、アゴス・ジャパン代表取締役で日本の留学指導における代表的な存在である横山匡氏プロデュースによる「グローバル×リーダーシップコース」は6月11日に開始。講座は年間全8回開催予定で、全講座に参加可能な高校生約30人を受講生として募集する。世界で活躍するグローバル人材に必要とされる「どこでもだれとでも自分らしく振舞える」スタンスを身に付けるために、自分の特性を知り、生かし方を選び、次の行動につなげていくためのスキルを体系的に学ぶ。

 2003年に都内で義務教育初の民間人校長に就任した藤原和博氏と、お笑い芸人だけでなく絵本作家やアート作品が注目を集める西野亮廣氏プロデュースによる「21世紀型スキル総合コース」は、7月8日より年間全7回の講座を開講予定。全講座参加可能な受講生約20人を募集する。情報編集力を鍛える「よのなか科」をベースに、「考える」とは何かを習得する内容で、「海外での学校建設プロジェクト」「クラウドファンディングへの挑戦」など、実践的で具体的なプロセスにチャレンジする。

 各講座は、2018年3月まで月次で開催。スタディサプリラボで参加する受講生以外にも、「スタディサプリ」会員であれば一部講座を除きアーカイブから学習することが可能。自ら考え、参加者の意見を聞くことで、従来の基礎科目とは異なる思考力を高める学び体験ができる。講座の詳細は、スタディサプリラボのWebサイトで確認できる。

◆「未来の教育講座」初回ライブ配信
日時:2017年5月28日(日)15:30 〜17:30
講座名:イノベーション×クリエイティブコース
講師:堀江貴文氏
ゲスト:猪子寿之氏(チームラボ代表)
ライブ配信:Facebook、YouTube、Twitterのスタディサプリチャンネル
※今後のライブ配信については決まり次第Webサイトにて告知

関連記事(外部サイト)