1学期で最大300万円、明大が海外トップ校への留学を助成

1学期で最大300万円、明大が海外トップ校への留学を助成

対象校のペンシルベニア大学

 明治大学は、優秀な学生の海外トップユニバーシティへの一層の留学促進を目指し、6月に「明治大学学生海外トップユニバーシティ留学奨励助成金」制度を新設した。2017年度から2020年度までの4年間を第1期とし、各年度5千万円、総額2億円の助成金とする計画。

 学生の海外留学促進に関する取組みを推進している明治大学では、今回、既存の助成制度に加えて、新たに「明治大学海外トップユニバーシティ留学プログラム」への留学が決まった学生を対象に、1学期あたり最大300万円の助成金を支給する「明治大学学生海外トップユニバーシティ留学奨励助成金」制度を創設。受給者は助成金を授業料や寮費、渡航費などの留学費用に充てることができ、留学にかかる経済的負担を大きく軽減できる。

 明治大学海外トップユニバーシティ留学プログラムの対象となる留学先は、スタンフォード大学やペンシルベニア大学など世界トップクラスの明治大学の協定校。1年次から留学カウンセリングを受けるとともに、徹底的に英語力と異文化コミュニケーション力を向上させるプログラムを受け、3年次の留学(1学期間〜1学年間)の実現を目指す。条件を満たせば、2年次での留学も可。

 助成金は、留学先の大学別に「留学奨励助成金S」と「留学奨励助成金A」の2つが設けられる。「留学奨励助成金S」は、1学期1人あたり300万円が上限で、各年度約5名採用予定。「留学奨励助成金A」は、1学期1人あたり100万円が上限で各年度約35名を採用する予定。

◆明治大学学生海外トップユニバーシティ留学奨励助成金
対象:明治大学海外トップユニバーシティ留学プログラムで留学する明治大学学生
【留学奨励助成金S】
助成金額:1人あたり(1学期間)300万円が上限
採用人数:各年度約5名
対象予定大学:スタンフォード大学サマーセッション、ペンシルベニア大学Liberal and Professional Studiesなど
【留学奨励助成金A】
助成金額:1人あたり(1学期間)100万円が上限
採用人数:各年度約35名
対象予定大学:カリフォルニア大学(UCバークレー、UCLA、UCデービス、UCアーバイン)サマーセッション、ペンシルベニア大学English Language Programsなど

関連記事(外部サイト)