【夏休み2017】病院で手術体験、ブラック・ジャックセミナー8/26

【夏休み2017】病院で手術体験、ブラック・ジャックセミナー8/26

ブラック・ジャックセミナー

 国立がん研究センター中央病院とジョンソン・エンド・ジョンソンは、小学5年生〜中学生を対象に手術体験ができる「ブラック・ジャックセミナー」を8月26日に開催する。最新の医療機器を使用し、がん専門医や看護師が直接指導する。参加費は無料。

 「ブラック・ジャック セミナー」は、ジョンソン・エンド・ジョンソンが医療の現場を知ってもらう社会貢献活動として2011年にスタート。全国の医療機関で子ども向け手術体験セミナーを行い、2013年10月には開催100回を突破したという。

 国立がん研究センター中央病院は、将来、「外科医になりたい」「医療に携わりたい」と関心を抱く子どもたちが増え、これからの日本のがん医療を支える人材育成に貢献したいと企画した。セミナーでは、がんの基礎知識や診断と治療についてのミニ講座を行う。さらに、音波メスなど最前線の手術現場で使用されている医療機器を用いた手術体験を、がん専門医や看護師など、がん医療を提供している若手スタッフが直接指導する。

 対象は小学5年生〜中学生。定員は午前、午後の部で各30人の計60人。参加を希望する場合は、Webサイトから名前や学校名など必要事項を記入して申し込む。応募締切は6月30日(必着)。定員を超えた場合は抽選となる。結果は7月15日ごろまでに連絡する。参加費は無料。

◆国立がん研究センター中央病院「ブラック・ジャックセミナー」
日時:2017年8月26日(土)午前の部9:30〜11:30、午後の部14:30〜16:30
場所:国立がん研究センター中央病院(中央区築地5-1-1)
定員:午前・午後各30人(計60人)
参加費:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
応募締切:2017年6月30日(金)必着

関連記事(外部サイト)