子どもの夏休み、幼稚園児の保護者6割「ストレス強い」

子どもの夏休み、幼稚園児の保護者6割「ストレス強い」

子どもが夏休みの期間、通常よりもストレスの度合いはどのくらい強まりますか(単一回答) 上:保育園児の親 下:幼稚園児の親

 国内最大級の「子供とおでかけ情報サイト『いこーよ』」を運営するアクトインディは6月22日、全国の保護者743名を対象に行った夏休みに関するアンケート調査の結果を発表した。子どもが夏休みの期間中は、フルタイム勤務よりも専業主婦・主夫のほうがストレスが強まることがわかった。

 アクトインディは5月1日から6月5日まで、全国の父親と母親を対象にWebサイト「いこーよ」上でアンケート調査を実施。743名の有効回答数を得た。

 保育園児の親に子どもの夏休みに対して親のストレスが強まるかどうか聞いたところ、フルタイム勤務世帯では「大変強い」「強い」「やや強い」をあわせた49%がストレスが強まると回答。専業主婦・主夫世帯では「やや強い」とする回答が40%を占め、ストレスが強まると回答した親は72%にのぼった。

 幼稚園児の親に同様の質問を聞くと、フルタイム勤務世帯は63%、パートタイム勤務世帯は67%、専業主婦・主夫世帯は66%だった。

 回答が多かった親がストレスに感じることは、保育園児の親では「普段より余分にお金がかかること」、幼稚園児の親では「お昼ご飯を用意すること」「子どもがずっと家にいること」「仕事を調整しなければいけないこと」などがあがった。

 調査では、抱えがちなストレスを解消する方法も質問。回答者からは「お弁当に冷凍したゼリーなどを入れている」「宿題を、計画的に出来るように予定表を作る」「時間に余裕がなくなったら、お弁当を買ってもらうというふうに時間をお金で買う」などの回答を得た。

関連記事(外部サイト)