月3万円を4年間、ローソン「ひとり親家庭支援奨学金制度」

ローソン店頭募金で「ひとり親家庭支援奨学金制度」受付を開始 月3万円を4年間

記事まとめ

  • ローソンは6月28日、ひとり親家庭で就学が困難な生徒の夢を応援する奨学金制度を設立
  • 7月1日より店頭募金の「『マチの幸せ』募金」で受付を開始すると発表した
  • 中学3年生、もしくは高校1〜3年生対象で返還不要、1人につき月額3万円を最長4年間支給

月3万円を4年間、ローソン「ひとり親家庭支援奨学金制度」

月3万円を4年間、ローソン「ひとり親家庭支援奨学金制度」

ローソン

 ローソンは6月28日、ひとり親家庭で就学が困難な生徒の夢を応援する「ひとり親家庭支援奨学金制度」を設立し、7月1日より店頭募金の「『マチの幸せ』募金」で受付を開始すると発表した。奨学生の募集は7月中旬以降に開始する。

 ローソンの店頭募金「『マチの幸せ』募金」では、「私たちは『みんなと暮らすマチ』を幸せにします」という企業理念のもと、緑化事業を支援する「ローソン緑の募金」、子どもたちへの支援を行う「夢を応援基金」「TOMODACHI募金」を実施している。

 2011年に創設された「夢を応援基金」では、東日本大震災で被災した東北3県(岩手・宮城・福島)の生徒約1,000名をサポートしている。このうち、2017年3月末時点で約880名が卒業し、基金の目的達成の目途が立ったことから、新たに「ひとり親家庭支援奨学金制度」を設立することになった。なお、「夢を応援基金」は2019年3月まで継続される。

 「ひとり親家庭支援奨学金制度」は、日本全国の中学3年生、もしくは高校・高等専門学校・専修学校高等課程・特別支援学校(高等部)1〜3年生を対象とした返還不要の奨学金制度。各学年100名、合計400名を募集予定で、1人につき月額3万円を最長4年間支給する。

 応募資格は、「ひとり親(母子等)家庭の生徒で就学が経済的に困難な生徒」「夢を実現するための意欲があり、社会への貢献を希望する生徒」など4つ。募集は7月中旬以降に行われ、応募には全母子協加盟の各都道府県・指定都市・中核市の地方母子団体への問合せが必要。福島県と高知県在住者は、全母子協へ問い合わせる。各地方団体の連絡先は、全国母子寡婦福祉団体協議会のWebサイトより確認できる。

◆ひとり親家庭支援奨学金制度
対象者:日本全国47都道府県に在住し、下記のどちらかに当てはまる生徒
・中学3年生
・高校、高等専門学校、専修学校高等課程、特別支援学校(高等部)1〜3年生
奨学金:1人につき月額3万円を最長4年間給付(返還不要)
支援人数:各学年100名、合計400名(予定)
※次年度以降、卒業生数に合わせ追加募集を予定
運営団体(寄付先):全国母子寡婦福祉団体協議会(全母子協)
応募資格:下記のすべての条件を満たす生徒
・ひとり親(母子等)家庭の生徒で就学が経済的に困難な生徒
・夢を実現するための意欲があり、社会への貢献を希望する生徒
・全母子協の加盟団体の会員、および入会を希望する方の子ども(生徒)
・全母子協加盟団体代表者などの推薦を受けられる就学中の生徒
募集:2017年7月中旬以降
応募の流れ:全母子協加盟の各都道府県・指定都市・中核市の地方母子団体へ問い合わせる。福島県と高知県在住者は、全母子協へ問い合わせる

関連記事(外部サイト)