女子大生が考案、SNS映えする「フォトジェニックな牛丼」8/19・20限定販売

女子大生が考案、SNS映えする「フォトジェニックな牛丼」8/19・20限定販売

戸板女子短期大学とすき家が共同開発 SNSにポストしたくなるような「フォトジェニックな牛丼」

 戸板女子短期大学と牛丼チェーン「すき家」を全国展開するすき家本部は、InstagramやTwitterなど、SNSで見栄えする「フォトジェニック」な牛丼「夏だ!!トコナッツ牛丼」を共同開発した。8月19日のオープンキャンパスと、8月20日の神宮外苑花火大会に出店するすき家ブースで限定販売する。

 「夏だ!!トコナッツ牛丼」は、ミックスナッツと色とりどりの野菜を使った、見た目が鮮やかなナッツサラダ牛丼。ナッツはマヨネーズ、カレーパウダー、ポン酢で和えており、フタを開けるとカレーの香りがただようスパイシーさが特徴。

 「ベトナム風パクチリタマ牛丼」「新感覚!牛丼クレープ」という他候補もあがっていたなか、戸板女子短期大学食物栄養科とすき家による商品開発チームは最終選考で「夏だ!!トコナッツ牛丼」の商品化を決定したという。「フォトジェニ牛丼」として、SNSを利用したハッシュタグキャンペーンも実施予定。

 8月19日の戸板女子短期大学オープンキャンパスでは先着300食を販売予定。8月20日の神宮外苑花火大会(神宮軟式球場)に出店するすき家キッチンカー横のすき家ブースでは、限定200食の販売を予定している。なお、オープンキャンパスで提供する際は開放パッケージ包材を利用し、「フォトジェニック」な牛丼さを引き立てる。

関連記事(外部サイト)