【9月1日問題】18歳以下の自殺は夏休み明け「9月1日」が最多 保護者ができることとは

記事まとめ

  • 平成29年度版自殺対策白書によると、15歳〜19歳の死因の第1位は「自殺」(36.6%)
  • 18歳以下の自殺は夏休み明けの9月1日にもっとも多く、「9月1日問題」として問題に
  • 文部科学省や教育委員会、NPOは、子どもの自殺防止に向けた情報発信を強化している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております