女子高生が考案、オトクな「JK料金」誕生…豊橋市

女子高生が考案、オトクな「JK料金」誕生…豊橋市

豊橋市「JK料金」の提供開始

女子高生が考案、オトクな「JK料金」誕生…豊橋市

きっかけはJK広報室メンバーのひとこと

 豊橋市役所JK広報室は9月19日、女子高生(JK)が考えた割引きクーポンを配信する「JK料金」の提供を開始した。女子高生に限らず、高校生なら誰でも利用できる。豊橋市によると、LINE公式アカウント(LINE@)を活用した自治体による高校生向けのクーポン配信は全国初の取組み。

 豊橋市役所JK広報室は、女子高生(JK)の目線で市政情報を発信してもらおうと、豊橋市が市制施行110周年にあわせ立ち上げたプロジェクト。地元の女子高生たちが中心となり、さまざまな企業・団体、大学、地域メディア、市民と連携し、市の魅力発信を行っている。

 プロジェクトの主役は女子高生。市の職員や地域の大人はあくまで“裏方”として、JK広報室メンバーによるアイデア実現のサポートに徹している。今回のJK料金も、メンバーのひとりである「ゆきのん」さんによる「高校生になったら、お小遣いは大して増えないのに、いろんなお店も市の施設も大人料金になってしまう」という発言がきっかけだったそうだ。

 JK料金は、豊橋市役所JK広報室が開設した公式LINEアカウント(LINE@)から配信されるクーポンの愛称。高校生が「使いたい」とするサービス、施設などをお得に利用できるよう、賛同する豊橋市内の協力店による割引クーポンを定期的に配信する。第1弾の配信は9月22日の予定。「ユナイテッド・シネマ豊橋18」の映画鑑賞がお得になるクーポンが配信される見込み。利用期間は10月31日まで。

 豊橋市役所JK広報室によると、第2弾は「飲食店、カフェなどを考えている」。「立ち上げのきっかけにあったように、JK料金によって高校生が『ちょっと高いな』と感じるような施設やサービスが利用しやすくなれば」と、遊びや学びの幅の拡大に期待を寄せた。

 JK料金は高校生であれば男女問わず利用可能。豊橋市役所JK広報室のLINE公式アカウントは「@jk_t(@は半角)」。豊橋市内の高校生は「友だち登録」をしてみてはいかがだろうか。

関連記事(外部サイト)