有楽町マリオンにプラネタリウム、2018年冬に開設

有楽町マリオンにプラネタリウム、2018年冬に開設

コニカミノルタプラネタリウム

 コニカミノルタプラネタリウムは10月16日、有楽町マリオンにプラネタリウムを中心とした複合型映像体験施設を2018年冬に開設すると発表した。現在、TOHOシネマズ日劇がある「有楽町マリオン」の9階に開設を予定している。

 有楽町マリオンに開設を予定している施設は、コニカミノルタが最新鋭の映像機器と設備を導入し、施設内装も一新して施工と運営を行う。コニカミノルタが長年培ってきたプラネタリウムや全天周デジタル映像を主体としたドーム施設の経験をフルに生かしつつ、その枠組みを超えた、さまざまな新しい映像体験の発信基地として運営するという。

 有楽町は交通アクセスが良く、今後の賑わいが期待できるエリア。映画や演劇など芸術文化に関心の高い層をメインターゲットとして、星空と全天周映像をはじめとする、今までにない複合体験を提供するとしている。

 施設名称は未定。施設総面積は約1,970平方メートル。具体的な施設内容や運営方針、正式名称などは決定次第、案内するという。

 コニカミノルタプラネタリウムは、1957年11月に千代田光学精工としてプラネタリウム1号機を完成し、1958年9月に兵庫県で開催された科学大博覧会に国産初のプラネタリウム「ミノルタプラネタリウムI型」を展示、1985年3月につくば科学博でプラネタリウム「インフィニウム」1号機が活躍するなど、プラネタリウムに関連する事業を手がけている。

 コニカミノルタプラネタリウムの製品は小中学校や科学館、プラネタリウム館など全国各地に設置されている。直営館事業としては、2004年開設の「コニカミノルタプラネタリウム“満天” in Sunshine City」を皮切りに、2012年には「コニカミノルタプラネタリウム“天空” in 東京スカイツリータウン」、2017年10月1日開業の運営受託館「福岡市科学館ドームシアター(プラネタリウム)」の運営を行っている。これまでの知見を生かした新たなサービスとして、集団体験型VRサービス「コニカミノルタ VirtuaLink in 東京スカイツリータウン」「コニカミノルタ VirtuaLink in ダイバーシティ東京 プラザ」を2017年夏に開設した。

関連記事(外部サイト)