応募総数日本一、第29回「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」11/3から応募開始

応募総数日本一、第29回「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」11/3から応募開始

伊藤園お〜いお茶 緑茶

 伊藤園は、11月3日より第29回「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」の作品募集を開始する。応募締切りは2018年2月28日。幼児から一般、英語俳句の部まで6部門で作品を募集。応募の中から入賞作品に選ばれた2,000作品は「お〜いお茶」のパッケージに掲載される。

 「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」は、「お〜いお茶」の発売を開始した1989年からスタートした、今回で29回目を数える俳句コンテスト。応募作品数は初回の約4万句から前回の第28回大会には187万3,374句まで増え、これまで累計3,000万句を超える応募作品数日本一の俳句コンテストだ。

 国内外問わず応募は誰でも可能。「小学生の部(幼児含む)」「中学生の部」「高校生の部」「一般の部A(40歳未満)」「一般の部B(40歳以上)」および「英語俳句の部」の計6部門を設ける。応募テーマは自由。感じたことや思ったことを、季語や定型にこだわることなく、五・七・五のリズムにのせてのびのびと表現した作品を募集する。

 第29回の審査員には、俳人・金子兜太氏、女優・吉行和子氏、写真家・浅井愼平氏、日本語学者・金田一秀穂氏、ギタリスト・村治佳織氏、作家・クリエイターのいとうせいこう氏、作家・宮部みゆき氏など、広く新しい視点で俳句を選出するため各界の第1人者11名が参加する。

 応募作品の中から、入賞2,000名、入選5,000名を選出。賞金50万円と副賞が贈られる文部科学大臣賞1名や、賞金20万円と副賞が贈られる各部門の大賞1名・計6名のほか、優秀賞44名、審査員賞11名、後援団体賞11名、都道府県賞240名、佳作特別賞1,687名の合計2,000名の入賞作品は、2018年秋より「お〜いお茶」のパッケージに順次掲載される。

 応募方法ははがき、FAX、インターネットのいずれか。日本語・英語合わせて1人6作品まで応募可能。応募締切りは2018年2月28日の当日消印有効。審査結果は2018年7月7日に伊藤園Webサイトにて上位入賞作品2,000句を発表予定。

◆第29回「伊藤園お〜いお茶新俳句大賞」 
応募期間:2017年11月3日(金・祝)〜2018年2月28日(水)当日消印(送信)有効
応募部門:小学生の部(幼児含む)、中学生の部、高校生の部、一般の部A(40歳未満)、一般の部B(40歳以上)、英語俳句の部
応募方法:はがき、FAX、インターネットのいずれかで日本語・英語合わせて1人6作品まで応募可能
※詳細についてはWebサイトで確認できる

関連記事(外部サイト)