入学時の偏差値に比べ大学合格実績が高い中高一貫校、1位は都内男子校

入学時の偏差値に比べ大学合格実績が高い中高一貫校、1位は都内男子校

教育進学総合研究所

 大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」は、入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い中高一貫校ランキングを発表した。2017年に創立120周年を迎える都内の男子校「京華」が8年連続で1位を維持した。

 教育進学総合研究所は、首都圏の学習塾の塾長・教室長を対象に、おすすめの学校についてアンケート調査を実施。入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い中高一貫校を5校記入してもらい、1位を5ポイント、2位を4ポイント、3位を3ポイント、4位を2ポイント、5位を1ポイントとして集計し、ランキングを作成した。

 入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い中高一貫校ランキングは、1位「京華」93ポイント、2位「昌平」「青稜」各39ポイント、4位「足立学園」32ポイント、5位「常総学院」30ポイント。1位の「京華」は2位と50ポイント以上の差をつけてトップに輝いた。また、「京華」は面倒見が良い中高一貫校ランキングでも8年連続1位を維持している。

 京華は、2016年度大学入試で東京大学に1人、東京工業大学に1人、一橋大学に2人合格するなどの実績を残している。東大をはじめとする難関国公立大学を目指す「S特進コース」では、難関大学の入試に必要な総合力、記述力なども確実に身に付くように、さまざまな学習支援プログラムが用意されているという。

 ランキングは、大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」に今週のピックアップ記事(無料)として掲載されている。会員登録(月額324円)すれば、すべての記事を閲覧できる。

◆入学時の偏差値に比べ、大学合格実績が高い中高一貫校ランキング
1位「京華」93ポイント
2位「昌平」「青稜」各39ポイント
4位「足立学園」32ポイント
5位「常総学院」30ポイント
6位「安田学園」24ポイント
7位「京華女子」「帝京大」各22ポイント
9位「横浜隼人」21ポイント
10位「共栄学園」19ポイント

関連記事(外部サイト)