早大、2017年も「50円朝食」スタート…食生活改善に向けて五重マル

早大、2017年も「50円朝食」スタート…食生活改善に向けて五重マル

早稲田大学の50円朝食

 早稲田大学は、早稲田キャンパス「大隈ガーデンハウス」にて、朝食を50円(税込)で学生に提供する「五重マル50円朝食」を開催している。対象は早稲田大学の各学部・大学院の正規生、各大学院の研究生で、2017年11月13日〜17日まで実施する。

 「五重マル50円朝食」は、一重マル「朝食をしっかり取ると体が目覚め、午前中の授業の能率が上がる」、二重マル「朝カレーは、脳を活性化して、体を起こしてくれる」、三重マル「体温が低い朝に朝食は、体を温めてくれるうえ、カレーのスパイスにより保温効果も高い」、四重マル「タンパク質、ビタミン、ミネラル、炭水化物など栄養バランスの良い組み合わせ」、五重マル「お財布に優しいお値段50円」がコンセプト。朝カレーや豆料理を中心とした朝食を、1日150食限定で50円(税込)で学生に提供している。

 50円朝食は、朝食を取らない学生が多いといわれる中、学生の食生活改善への取組みとして開催。「朝からしっかりと食べることで、寒い季節を迎えて冷えやすくなる体をしっかり温めて勉学に励めるように」と、協賛企業4社が商品を提供する「産学共同形式」で実施している。

 50円朝食のメニューは、いなば食品の「カレーシリーズ」「3種のお豆のチリコンカン」など、ジェーシー・コムサの「手のばしナン」、青森県りんご対策協議会の「青森県産りんご」、森永乳業の「ラクトフェリンヨーグルト」。

 なお、早稲田大学は2016年も「50円朝食」を実施した経験を持つ。学生の体とお財布事情に優しいようにと、フジッコ、敷島製パンPasco、青森県りんご対策協議会、相模屋食料の協力を得て実施した。

◆早稲田大学「五重マル50円朝食」
日時:2017年11月13日(月)〜2017年11月17日(金)8:15〜8:45
場所:早稲田大学早稲田キャンパス「大隈ガーデンハウス」
対象:早稲田大学の各学部・大学院の正規生、各大学院の研究生(通学制、ダブルディグリーを含む)
※学生証必須
料金:50円(税込)150食限定

関連記事(外部サイト)