先輩リケジョも講演、東大柏キャンパス一般公開…子どもに受け継ぐ「知」を探検

先輩リケジョも講演、東大柏キャンパス一般公開…子どもに受け継ぐ「知」を探検

東京大学 柏キャンパス

 東京大学 柏キャンパスは2017年10月27日・28日、「柏で探検、知の世界」をテーマに、一般公開イベントを開催した。広いキャンパスに知的好奇心が旺盛な子どもから大人までが集い、広い敷地から溢れ出る「知の世界」を探検した。

 東京大学 柏キャンパスは、新領域創成科学研究科、物性研究所、宇宙線研究所、大気海洋研究所、カブリ数物連携宇宙研究機構、人工物工学研究センター、空間情報科学研究センター、情報基盤センター、などが活動している、本郷・駒場に次ぐ東京大学の第3の最先端キャンパスだ。東大の研究成果をわかりやすく紹介し、理解を深めてもらおうと、毎年10 月下旬にはキャンパスの研究室や大型実験施設などを公開し、子どもから大人まで、幅広い世代が楽しめるさまざまな企画を用意している。2017年は「柏で探検、知の世界」をテーマに、10月27日と28日に一般公開を行った。

珍しい魚を観察してお寿司も食べられる、親子に大人気の大気海洋研究所

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/大気海洋研究所のバルーンアート
 大気海洋研究所は、毎年珍しい深海魚を展示しており、子どもたちが手に取って観察しながら、教授らの説明を熱心に聞いていた。大気海洋研究所に隣接している寿司屋「お魚倶楽部 はま」は、ニタリザメの解体ショーも行われ、多くの人でにぎわっていた。展示していた珍しい魚たちは、魚が大好きな子どもたちや研究したい学生の手に渡され、嬉しそうに持ち帰る子どもの笑顔が見られた。。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/大気海洋研究所のようす
珍しい魚を毎年展示、質問をする子どもたちに教授らが丁寧に解説してくれる

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/大気海洋研究所のようす渦巻きが発生する仕組みを丁寧に説明してくれる

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/大気海洋研究所に隣接されているお寿司屋さん「お魚倶楽部 はま」のスペシャルランチ

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/大気海洋研究所に隣接されているお寿司屋さん「お魚倶楽部 はま」の前では珍しい魚が多数展示され、マスターによるニタリザメの解体ショーも行われた
リケジョの先輩が女子中高生の理系進路選択を応援「未来をのぞこう!」

 一般公開と同時に開催された、女子中高生の理系進路選択を応援するイベント「未来をのぞこう!」には、先輩リケジョのリアルな体験談を聞こうと、多数の女子中高生が集まった。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/…同時開催イベント「未来をのぞこう!」の講演会場のようす大勢集まった中高生を前に挨拶をする新領域創成科学研究科長 三谷啓志 教授
 最初に登壇したのは、大気海洋研究所の卒業生で、現在は農林水産省 水産庁 国際課に勤務している三島真理さん。「国家公務員技術系職員の仕事」(水産庁の場合)と題して講演を行い、海外勤務や国際会議などグローバルに活躍中の三島さんが苦労した点や、やりがいなどを語った。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会で登壇した三島真理さん (東京大学 大気海洋研究所 卒業生/現職:水産庁)

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会で登壇した三島真理さんの発表資料
 次に登壇したのは、現在、東京大学 物性研究所 博士課程1年のイ・ジヨンさん。博士課程までの流れや、大学院生の生活、博士課程学生の経済的支援の紹介など、リアルな現状を説明した。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会で登壇したイ・ジヨンさん(東京大学 物性研究所 博士課程1年)

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会に登壇したイ・ジヨンさんの発表資料
 3番目に登壇した勝田真由美さんは、東京大学 空間情報科学研究センターの卒業生で現在はヤフーに勤務している。大学、大学院、新卒就活、中途就活を経て現在に至るまでの経験を語り、さまざまな経験を増やすこと、自分がどういうときにワクワクするか思い出すことなど、中高生たちにアドバイスした。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会で登壇した勝田真由美さん(東京大学 空間情報科学研究センター 卒業生/現職:ヤフー株式会社)

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会に登壇した勝田真由美さんの発表資料
 最後は、 東京大学 新領域創成科学研究科 の中野和民 准教授が登壇。「女性研究者の発生と生態~ときどき進化~」と題した講演では、自身が研究者になったきっかけから、現在行っている白血病を起こすウイルス研究の話までをわかりやすく説明した。昔は「博士は足の裏にくっついたご飯粒(取っても食えない、という意味)」と言われていたが、今は、修士課程卒業生も、博士課程卒業生もさまざまな企業に就職し活躍していることを資料を用いて説明し、未来のリケジョたちにエールを送り、講演を締めくくった。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会で登壇した東京大学 新領域創成科学研究科 中野和民 准教授

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」講演会で登壇した東京大学 新領域創成科学研究科 中野和民 准教授の発表資料
 「理系に進もうか迷っている」「理系に進んだらどんな生活になるのか聞いてみたい」など、悩み多き女子中高生たちも、講演後のティータイムではすっかり表情もやわらぎ、先輩リケジョに率直な進路の悩みを打ち明けていた。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」ティータイムのようす三島真理さん(東京大学 大気海洋研究所 卒業生/現職:水産庁)

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/「未来をのぞこう!」ティータイムのようす東京大学 新領域創成科学研究科 中野和民 准教授

東大レゴ部制作のノーベル物理学賞受賞者の肖像画、飲料から酵母を取り出すワークショップなど子どもから大人までワクワクたくさん

 広いキャンパスには、子どもから大人まで楽しめるワークショップや体験コーナー、スタンプラリーなどさまざまな企画が行われていた。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/レゴでつくられた小柴昌俊 特別栄誉教授。(東大 レゴ部作品)宇宙から飛来する素粒子ニュートリノを検出し、2002年にノーベル物理学賞を受賞した。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/レゴでつくられた東京大学 宇宙線研究所長 梶田隆章教授。(東大 レゴ部作品)ニュートリノが質量を持つ事を示す、ニュートリノ振動現象の発見により2015年ノーベル物理学賞を受賞した。

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/物性研究所の前で出迎えていた研究所のキャラクター「物性犬」(ぶっせいけん)

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/物性研究所の中には巨大な「物性犬」(ぶっせいけん)がお出迎え

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017飲料から酵母を取り出す実験、繭玉の人形作りなど、さまざまなワークショップ・実験を体験できた

東京大学 柏キャンパス 一般公開2017/お土産には一般公開のマスコットキャラクター「ごろくろー」の色鉛筆
 TX柏の葉キャンパス駅からバスで10分ほどのところにある広大なキャンパスは、赤門のような象徴的な「門」こそないが、オープンな雰囲気で満ち溢れている。年に一度の一般公開は、研究者や先輩たちが学びの門を開け、「知」の世界を切り拓いていく子どもたちと、強い探求心を持つ学生、そして大人たちが訪れるのを待っている。

関連記事(外部サイト)