AYA世代と呼ばれる15歳から39歳で、がんと診断される人が年間で2万1000人に

記事まとめ

  • 国立がん研究センターが15歳から39歳までの”AYA世代”のがん患者数を推計
  • 年間で2万1400人にのぼり、30代は乳がんが、20代は精巣がん・卵巣がんが最多
  • 「AYA世代は小児と成人の谷間で、がん対策の遅れが指摘されてきた」とのこと

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております