警察署倒壊した際に代替施設提供、警視庁と西武鉄道が協定

 警視庁は、大規模災害で警察署が倒壊したなどの際に代替施設の提供を受けるため、鉄道会社と協定の締結を行いました。
 9日、首都直下地震などの大規模災害が起きた際に協力して対応するための協定を締結したのは、警視庁練馬警察署と西武鉄道です。協定では災害により警察署が倒壊や破損した際、西武鉄道が所有する「としまえん」の一部の施設を代替施設として使用することを確認しました。

 警視庁は「民間からの協力も得て、災害に対応していきたい」としています。(09日21:04)