日本医師会などが受動喫煙対策の強化求め要望書

 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて、日本医師会などが加藤厚生労働大臣に受動喫煙対策の強化を求め署名と要望書を提出しました。
 「ぜひ次の国会で受動喫煙防止の法律を作っていただきたい」(日本医師会会長 横倉義武氏)

 屋内の全面禁煙を求める日本医師会などは、加藤厚生労働大臣に受動喫煙対策の強化を求める264万人分の署名と要望書を提出しました。

 「受動喫煙を防止してほしいという、そういう思いを重く受け止めていきたい」(加藤勝信厚労相)

 受動喫煙対策について加藤大臣は「残された時間はないという認識で取り組みたい」としていて、秋の臨時国会に法案が提出できるかが焦点となっています。(10日13:13)